テーマ:海外旅行

パリの町歩き-4 セ-ヌ河畔散策とと中心地

パリの町歩るき-4 セ-ヌ川と中心地       2012-2-19(日) パリ市の紋章はパリを東から西に流れるセ-ヌに浮かぶ帆船、セ-ヌはパリのシンボルだ。 前回は夜クル-ジングしたが,今回は昼間歩いてジックリ散歩した。写真はリヨン付近のセ-ヌ。 パリ発生の地、セ-ヌの中島・シテ島。 パリの名前は紀元前3世紀最初に此処に住み始め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パリの町歩き-3 朝市とブロ-ニュ-の森

パリの町歩き-3 朝市とブロ-ニュ-の森  2012-2-18(土) 朝市回りは楽しい! 何処へ行ってもこれだけはやりたい。 パリには70ヵ所も市が立つと言う。 ホテルのそばにも名の通った市が2つあった。  まず、エドガ-・キネの市に行った。8時半に行ったら、まだ屋台を広げている最中で、土曜なので10時から全店揃うと。 そのまま歩い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界遺産・フオンテ-ヌ・ブロ-宮殿、庭園、森

世界遺産・フオンテ-ヌ・ブロ-宮殿、庭園、森  2012-2-17 (金) リヨン駅から電車とバスで1時間半、世界遺産・フオンテ-ヌ・ブロ-を訪れた。 パリからの列車はバラエティに富んでいる。 乗るたびに客席の形が千差万別だ。 行きは2等車、片側4人席、通路からはガラスで仕切られている。 フオンテ-ヌ駅も、駅回りも静かな所で、バ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パリの町歩き-2 カルチェ・ラタンとサン・ジェルマン・デ・プレ

パリの町歩き-2 カルチェ・ラタンとサン・ジェルマン・デ・プレ      2012-2-16(木)パリで最も洗練されたエリアと言われるカルチェ・ラタンとサンジェルマンをジックリ歩いてみた。 フランスは5度目、しかし、2回はシャモニ-、モンブランのアルプス地区と、ニ-スからコ-トダジュ-ルの春のカ-ニバルへ直行したので、パリは3回目。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西洋の驚異-モンサン・ミッシェルを歩く

西洋の驚異-モンサン・ミッシェルを歩く  現在、フランスで最も人気のある観光地・世界遺産モンサン・ミッシェル。 サン・マロ湾に浮かんだ周囲900mほどの小島に築かれた、キリスト教巡礼地の中でも世界的な修道院。   ピラミッドの様に高く聳え、遠くからは波間に浮かんで見える。 8世紀始め、街の司教だったオベ-ルの夢に大天使ミカエ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界遺産・モンサン・ミッシェルを訪ねて

世界遺産・モンサン・ミッシェルを訪ねて 2012-2-15 7:10ホテルから徒歩8分でモンパルナス駅へ。 小雨、但し予報は曇り。 パリからはバスツア-などもあるが、往復15時間かかるので、新幹線でレンヌまで行き、そこからのバス便にした。 フランス自慢の新幹線と刻印器の日時押し。 列車のプラットホ-ムNOを確認しようと掲示TVを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランス・パリの町歩き-1

フランス・パリの町歩き-1  2012-2-14 パリ・ド・ゴ-ル空港からシャトル・バスでパリ・パ-クイン・エアポ-トホテル着22:00 久し振りに深い浴槽でユックリ温まり、モロッコの疲れを取ろうと翌朝遅くまでぐっすり寝た。 チェック・アウト12:00、空港から鉄道でパリ・モンパルナスに近いダンフエ-ル・ロシュロ-駅へ。 歩い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界遺産・マラケシュ 世界一の市場・ス-クとお祭り広場

世界遺産・マラケシュ 世界一の市場・ス-クとお祭り広場2012-2-11 1199年に建設された77mのクトウピア・モスクのミナレット。  ム-ア様式の傑作と言われ、ここではこれ以上の高さの建物は禁じられているので、、街の何処からでも見られシンボル・タワ-だ。  夜もライトアップされている。  フナ広場のそばにある。 着飾った3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界遺産アイト・ベン・ハドウとオ-ト・アトラスの山越え

世界遺産アイト・ベン・ハドウとオ-ト・アトラスの山越え 毎朝、遠くからイスラム教のお祈り開始のアザ-ンが聞こえてくる。 1日に5回お祈りするらしい。 ワルザ-ザ-トから西へ33km、川のほとりにある丘の斜面に造られているクサル(カスパの集合した村の要塞)が世界遺産・アイト・ベン・ハドウ。 モロッコで一番美しいクサルと言う。  立地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カスパ街道の西端・ワルザワ-ドはアフリカ・ハリウッド?

カスパ街道の西端・ワルザワ-ドはアフリカ・ハリウッド?2012-2-9 ベルベル人中心の街・ティネリ-ルで朝窓から外を見たら、横殴りの雪だ!  9時過ぎには止んだがホテルの話では44年ぶりの雪だとか--。 今年の冬は日本もヨ-ロッパも異常寒波で、寒さがキツイが、まさか砂漠近くで雪を見るとは思わなかった。 今日も午前中はカスパ街道を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ア-モンドの花咲くカスパ街道

ア-モンドの花咲くカスパ街道 2012-2-8 モロッコの歴史を見ると、BC5000年ころベルベル人が来住し、BC12年ころフエニキア人が到来。 やがてロ-マ帝国の支配下に入り、ビザンツ帝国の支配後、7世紀末アラブから来たム-レイ・イドリスのイドリ-ス朝がヴオルビリスに建国し、暫くしてフエズに首都を築いた。 先住民族達はアラブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リッサニ-南の果て・最後のオアシスの町の市場

リッサニ-南の果て・最後のオアシスの町の市場メルズ-ガから日帰りで、四駆に乗って20分、砂漠に一番近い、都会からは一番遠い南の果ての町・リッサニに出かけた。 よくモロッコ、アルジェリア、チュニジアを総称してマグレブ=日の没する西の大地と言うがモロッコは中でも西端。 その南端の市場は、一世紀前を見るような、なんとも懐かしい市場だった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サハラ砂漠がオレンジ色に輝く夜明け!

サハラ砂漠の夜明け 2012-2-7.  朝5時にホテルを出て日の出を見るべくサハラ砂漠の高所を目指した。 この日、月は西に沈む直前で、煌々と青い夜空に輝いている。 滅多には見られない光景に、暫く、砂丘途中で見とれた。 30分ほど歩いて、砂丘の頂点で日の出を待った。東の空が徐々に白みを増し、うっすらと明るくなり始めてきた---。こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アトラス山脈を越え、オアシスを通り、サハラ砂漠へ!

アトラス山脈を越え、オアシスを通り、サハラ砂漠へ! 今日はまづ、3つのアトラス山脈のうち真ん中のモワイアン・アトラスを完全に越える。 冠雪のアトラスの朝焼けを見ながら、いよいよアトラス山中に入り、高山地帯を通過した。 アトラスの最高山は富士より高い3737mある。 やがて、山を下り始めると、岩石の破片の石がゴロゴロした不毛地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界遺産-「古都メクネス」とモロッコでスキ-?

世界遺産-「古都メクネス」とモロッコでスキ-? メクネスはフエズから車で30分ほどの所にある古都で、周辺はオリ-ブやブドウなどの農産物が豊富に取れる地域だ。 気候も良く、水も美味しいようで、特にメクネス・ワインはモロッコNO1といわれ人気がある。 立地的にも、世界遺産ヴオルビリスや,聖都ム-レイ・イドリスに近く、モロッコの南北の中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界遺産 「世界一の迷宮都市フエズ」

フエズはモロッコ最初のイスラム王朝の都。 ムハンマドの婿・アリ-の子孫ム-レイ・イドリス1世は8世紀にバクダッドのアッバ-ス朝の迫害からモロッコに亡命し、地元ベルベル人の信頼も得てイスラム王朝をム-レイ・イドリスに興した。 その息子2世がフエズ川西岸に都を築き、その後イドリス朝が2世紀、ベルベル人の王朝が2代続いたが、町は発展を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界遺産 ヴォルビリス遺跡

世界遺産 ヴォルビリス遺跡 2012-2-3   パリで時差調整した事で、体調は順調。 出来れば、モロッコへ入るときはスペインのマルガから船に乗り、雰囲気を味わいながらジブラルタル海峡を越えてモロッコのタンジェへ入り、旅をスタ-トさせたいと思っていた。 しかし、中東と北アフリカのイスラム諸国の政治情勢が、エジプトを中心とした「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初めて踏むアフリカ・モロッコの地

初めて踏むアフリカ・モロッコの地 2012-2-1    11:05 JALにて、成田出発便混雑の為30分遅れで発、しかし、パリ・シャルル・ド・ゴ-ル(CDG)空港へは予定通り15:50着(日本時間23:50)。    ところが、空港で不審物が発見され、専門の処理班が作業中との事で、又30分ほど入国前に待たされた。 手続きを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モロッコ---、「西の地の果て」、「迷宮都市」、「カスパ」--どんな所か見てみたい!

モロッコ---。    [西の地の果て」、「迷宮都市」、「カスパ」--- 。 長い間、一度は行って自分の目で直接見てみたい、と思っていた所だった。 時間の都合がついて、ようやく行ける日が来た。 モロッコの事を初めて知ったのは、映画「カサブランカ」だったと記憶する。 スペイン戦争に参加して破れ、パリでの恋にも破れたハンフリ-・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

楽園! ニュ-カレドニア・ヌ-メア 世界一周29日目

ニュ-カレドニア・ヌ-メア  11-7-23(土) パペ-テ発ニュ-カレドニア行きは、週1便のエア-・カラン5:10しかない。  前夜18:00に寝て今日の2時起きに備えた。 朝3時予約のタクシ-が20分たっても来ない。 フロントも慌て始めた時、大荷物の仏人3人が予約した大型タクシ-が、これも遅れて着いたが、スペ-スがあって同乗させ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タヒチ パペ-テは自動車ラッシュ!

タヒチ  11-7-21(木)  イ-スタ島から4000km、6時間、現地時間午前0:30(時差が4hあるのでイ-スタ-時間では午前2:30)にパペ-テ空港に着いた。 イ-スタ-からタヒチは、週2便の水曜深夜着、タヒチ-からヌ-メアは、週1便、金曜早朝5時発しかない。   日程はそれに合わせざるをえない。 今回の旅の日程上の難所の一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インカとマチュピチュの謎?

インカとマチュピチュの謎? イ-スタ-島のモアイ文明はインカの影響だと言う説が強かった時期があり、現実にそれを示す物があるという記事を読んで、現物も見たかった。  確かに今までの南米各地で見た石組みと良く似たものが2-3ある。  後ろの石組みなど。 しかし、殆どはポリネシアの風俗・習慣を受け継いでいると思う。  髷や、墓の作り方、ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チリの首都・サンティアゴ、美味いウニ  世界一周20日目

チリの首都・サンティアゴ、安くて美味いウニ  11-7-15(金) リマを7:10発標高520mのサンティアゴへ現地時間11:40着。  此処はチリの真ん中、日本と丁度反対の緯度にある。   今回の旅で日本と一番距離が遠い。 季節は全く逆。 人口600万人、1541年黄金を求めてやって来たスペイン人が築いた。明後日のイ-スタ-島行きが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペル-の首都・リマと世界遺産

ペル-の首都・リマと世界遺産  11-7-14(木) リマは人口800万、かのスペインのインカ征服者ピサロが、1535年クスコより遷して建都した、南米の北の玄関口の都市だ。 B&B・KIKEの隣は個人タクシ-の自宅、空港送迎はこの人がしてくれる。  今日はリマの旧市街の世界遺産を一人で見に行こうと、隣のタクシ-を頼んだら、KIKE…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シスタ-ニ遺跡とアレキパ

シスタ-ニ遺跡とアレキパ  11-7-13(水) 朝、アンディ-ナHのフロントにシスタ-ニ遺跡経由で空港まで100そ-レスで行ってくれるタクシ-はないかと問い掛けたら、電話をかけて2件目でOK。  ペル-のタクシ-はあらかじめ条件を言って交渉するのがベストだ。 11時HをCO。 チチカカ湖周辺をフリアカ方面へ進む地域は、大平原の様な…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

チチカカ湖のウロ族とプ-ノ

チチカカ湖のウロ族とプ-ノ  11-7-11(月) クスコ発フリアカ行きの飛行機は14:40発。 午前は博物館へ行く予定、その前に今回マチピチュのチケット手配をしてくれた旅行社へ寄った。 支社長が搭乗手続きをしてあげましょうと言い、ラン航空の搭乗券をネットでプリント・アウトしてくれた。 時間を見たら、12:20発! 2時間以上も早い。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マチュピチュ村=アグアス・カリエンテス

マチュピチュ村=アグアス・カリエンテス リマのホテルを朝6時に出て、飛行機、タクシ-、列者を乗り継ぎ11.5時間掛かって15:30、麓の村に着いた。 村はウルバンバ川に沿って、山の斜面にあり、細長い全長3-400mの坂道でできている。 写真左は村の中央にある宿泊したホテル・エル・マピ。 ここは夕食付きホテルだがレストランの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リマからマチュピチュへの道  世界一周10日目

リマからマチュピチュへの道  11‐7‐5(火) 昨夜、サンパウロからリマ空港へ着き、ペル-入国手続きを済ませたのはリマ時間夜12時、時差があるのでサンパウロ時間午前2時。   心配だったB&Bホテルのオ-ナ-とは直ぐ会えた。 そこから15分ほどでホテルへ着き、シャワ‐浴びて直ぐ寝た。 5時半に目覚め、6時半ホテルを出て空港…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンパウロの日本人街

;サンパウロの日本人街 サンパウロは人口1000万、在留邦人35万と言う南米きっての大商・工業都市。 空港は意外に小さく、シンプルだ。 空港インフオでHへの行き方を確認したら、タクシ-は地区ごとの定額制でUS$とレアルの両料金がプリントされたチケットをよこした。 運転手にこれを渡してH名を言う。 このシステム、とかく初めての国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more