テーマ:旅行

釧網本線・飽きの来ない変化に富んだ車窓、北海道1のロ-カル線

2014-7-30 釧路から網走をゴトゴト走る釧網本線は、北海道きっての景観路線. 日経新聞は森林を楽しめる日本一のロ-カる線ににここを選んだ。 沿線には、釧路湿原国立公園、火山群と温泉郷の阿寒国立公園、世界自然遺産の知床国立公園、斜里-網走国定公園などがずら-と揃っている。  一つの沿線にこれだけ国立公園がある所は無い。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

霧の摩周湖、ついに姿を現した!!

2014-7-30 朝食後、観光案内所を訪れ、摩周湖の天候を尋ねたら、現地へ確認してくれ、晴れていて見られると--。 そこえ、同じく行きたい人が現れ、割り勘で同行しましょうと一決、タクシ-に--。 まづ、川湯温泉から車10分ほどで硫黄山に寄った。 今なお常時10m以上も噴気を噴き上げる512mの活火山。 山麓から山頂まで一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

のろっこ列車で涼しい釧路湿原へ

 2014-7-28  細岡展望台から見る雄大な釧路湿原と湾曲しながら流れる釧路川。 写真拡大すると銀トンボが2匹見える。 釧路と釧路湿原はどうしても一度ゆっくり行ってみたい国立公園だった。 羽田発8:10のJALで9:55、釧路空港着、バスで釧路駅11:00着、11:05発のノろっこ号に間に合った。 この列車は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土肥温泉,沼津港、三島大社

土肥温泉,沼津港、三島大社  2/6~7 土肥温泉は見所は少ないかっては近い海水浴場としても賑っていたようだが、今は団体客が減少し、ちょっとさびれた感じ。 船便も減少し、沼津港へは朝一便しかない。 泊まった温泉は港から南へ10分ほどの高台にある中型のホテル。 前は土肥港と沼津湾が見渡せるオ-シャンビュ-だが食後の街歩きするほどの…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

堂が島温泉と松崎。

堂が島温泉と松崎。   2/6 堂ヶ島温泉ホテルは当地で唯一の源泉かけ流しで湯量が豊富、部屋はオ-シャンビュ-で眼前に三四郎島と海岸線がよく見え申し分ない立地。 露天風呂からの景観も良い。 夕食は西伊豆らしくアワビの踊り焼き、イセエビの刺身など海の恵みで大満足だった。   ホテルは海上からもよく見える。 交通の便が悪いので行き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

修善寺、伊豆韮山、堂ヶ島、、街歩きと温泉の旅

修善寺、伊豆韮山、堂ヶ島、、街歩きと温泉の旅 2014-2-5~7 西伊豆の良い旅館の割引招待券が手に入ったので行かないかと高校時代からの友人から電話があり、同級生3人で出かけた。 2月4日関東にわずかな初雪の降った翌日、久しぶりの西伊豆へ。 小田急ロマンス化-で落ち合い、旅程を相談し、小田原、三島を経てまず韮山の世界遺産申請…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉の鳴子峡、鳴子温泉

紅葉の鳴子峡、鳴子温泉 2013-11-14 日本の温泉の泉種11のうち9種があり、源泉も400本あるといわれる鳴子温泉、駅降りて観光案内所で現地情報を聞き、まづは紅葉で名高い鳴子峡へ。 メインの遊歩道は工事中で、又前夜の雪で他の遊歩道は歩きにくいとの事で、やむを得ず車で見晴台のあるレストハウスへ。 今年の紅葉は遅れ気味と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

善光寺と七福神参り

善光寺と七福神参り  2013-7-30  便利になったもので新幹線のおかげで長野には9時に着いた。 妙高へ行く前に善光寺七福神参りをしておこうと長野で降りた。 野沢温泉や七味温泉へ行く前にも善光寺へは寄った事があるが駆け足だったので今回はジックリと。 長野駅は阿弥陀如来の立てた18願にちなんで善光寺本堂から18丁・2kmの所に作ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秘湯、燕・関温泉と妙高高原の旅

秘湯、燕・関温泉と妙高高原の旅 2013-7-30~8-2 大学卒業年度の冬試験明け、友人から赤倉に別荘を持っている人から使って良いと言われたとの事で仲間8人と赤倉温泉にスキ-に行った。 その時、赤倉の奥に関・燕温泉と言う泉質の良い秘湯があると聞いて、何時かは行きたいと考えていた。 東京ではこの1週間、毎日35度近くの熱帯日が続…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

満開間近か! 湯島神社の白梅

満開間近か! 湯島神社の白梅 2011-2-25  本郷の知人を訪問した帰り、湯島天神に寄った。 8分咲きといったところ---。 日当たりの良い所は満開に近い---。   近くの東大は試験の真っ最中--帰りの受験生が溢れるばかり---。   つい、受験時代を思い出す---。  「必勝祈願!」の絵馬が、幾重にも重なって、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮古島  南の島を訪ねて-5

西表島からは船で40分、石垣島に戻り、そこから飛行機で20分ほどで宮古島空港に着いた。   南西諸島の飛行場への着陸は、どこでもかなりの速度で着地し,急ブレ-キをかける。 最初は下手な着陸だと思ったが、聞いてみたら、滑走路が1500mくらいで短いせいだと判った。 ホテルは西海岸のパウダ-・サンドの与那覇前浜ビ-チに面していた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西表島  南の島を訪ねて-4

今回の旅の最大の目的地は自然の宝庫・最後の秘境という西表島。  油布島への戸口・美原から北へ車で40分ほど奥へ入った「月が浜」に面したリゾ-トホテルには夕方に着いた。 秘境といわれるだけあっテ、ホテルの周りは深い森とビ-チに囲まれ、鳥のさえずりと風の音しか聞こえない。   島の90%が原生林ジャングルと言われる亜熱帯の太古の島。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

油布島  南の島を訪ねて-3

竹富島から西へ快速船で20分、北に小浜島を眺めながら西表島の大原港に着いた。 そこからバスで20分東海岸沿いに北上、由布島入り口の美原集落に着く。 東に見える由布島まではわずか400m。 満潮時で水深30mほどの浅瀬を、水牛車に揺られながら、ゆったり、のったり渡る。 爽やかな潮風がそよぐ! 浅瀬は透明ながら太陽を浴びて波はキラキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竹富島 南の島を訪ねて-2

石垣港から19tクラスの快速船で、コバルトブル-の海を水しぶきを上げて疾走10分、サンゴに囲まれた平坦な竹富島に着いた。此処は600年前から人が住み着き、今は人口340人、牛370頭で牛のほうが多い。 集落は重要伝統的建造物保存地区の指定を受けている。写真は島で一番高い29mの「和みの塔」から見た集落。 この塔から何かあれば全島民…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石垣島  南の島を訪ねて-1

羽田からJTAの直行便で3時間チョッとで八重山諸島の中心地・石垣空港へ着いた。  ハワイ、マイアミ、台北とほぼ同緯度というだけあって気温22度、東京の5度より生暖かい。  鮮やかなハイビスカスがあちこちに。 空港からホテルまで30分、周りはサトウキビ畑と果樹園が広がっている。 左に名護湾が見え始め河口に差し掛かると、マングロ-ブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地下都市化?する札幌!

(JR38展望台より北大キャンパス、遠く小樽を望む。北大のポプラ並木が短い!)   札幌の変貌にも驚いた。  かって羊が丘から街を見下ろし、空気の棲んだ、緑に囲まれた、落ち着いた街という印象があったが、 久し振りの札幌は、もはや大都会だった。  浦島太郎のような気分だ。  着いてすぐホテルに向い荷物を預けて、藻岩山から街…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寂しくなった小樽、 このままで良いのか?

         小樽運河 (ガス燈の上に止まっているカモメは運河の小魚を採りにたびたび急降下する)  旭川の帰り、何十年ぶりかで小樽を訪れた。  正直、寂れたなぁ!--と実感した。  江戸時代後半から、ニシン漁、大阪との北前船貿易等で栄え、明治になって北海道開拓の玄関口として発展し、小樽港から石炭を道内各地に送り、開発の原…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お見事! 旭山動物園の行動展示

お見事! 旭山動物園の行動展示(平泳ぎと逆に手を胸に向かって、くま掻きスタイルで、陸から飛び込んで泳ぐ身長270cm、体重450kgの北極くま)  NHKのプロジェクトX 挑戦者! を見て、機会を見て是非行ってみたいと思っていた旭山動物園を訪れた。  これまでの常識や既成概念に囚われず、物事の基本となる立ち位置、「相手の立場にた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉真っ盛りの層雲峡

紅葉真っ盛りの層雲峡  今年の夏は連日の猛暑つづきで、涼しい秋が待たれた。 日本で一番早いと言われる北海道大雪山系の紅葉を求めて、層雲峡と黒岳を訪れた。  黒岳(1984m)は標高1520mの7合目までロ-プウエイとペアリフトに乗って訪れたが、あいにく霧に覆われていて、4時間ほど粘ってみたが、登山ロッジの人の今日は難しそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新緑爽やかな箱根の木々と花々!

新緑爽やかな箱根の木々と花々!  5月初旬、高校時代からの友人たちと温泉でのノンビリ・ダべリングを兼ねて、新緑の箱根を訪れた。  このシ-ズンはやはり木々が一斉に芽吹き始めて、新緑の香り爽やかで空気が美味い。  都心に比べれば半月ほどのタイム・ラグがあるが、箱根は三春といっても良いくらい、菜の花、八重桜、つつじ、ボ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

都心に残る武蔵野の自然! 庭園美術館と自然教育園

 かって迎賓館としても使われていた朝香宮邸の邸内が公開され、 昭和はじめに流行したア-ル・デコ様式の装飾を見られるというので 庭園観賞を兼ねて白金台の庭園美術館を訪ねた。  フラッシュ禁止で内部の撮影は思うように出来ないが、1920‐30年代に ヨ-ロッパで大流行したというア-ル・デコ様式の室内装飾と迎賓館らしい …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

渡り鳥と鯉の楽園・情緒ある清澄庭園

 東京でもなかなか現役時代にはユックリ訪れる事が出来なかった名所がある。 むしろ近くにある方が見てなくて、地方の名所といわれる所を多く見てきた。  清澄庭園は初め江戸の豪商・紀ノ国屋文左衛門の別邸といわれ、 その後、諸大名の別邸を経て、明治11年岩崎弥太郎の所有となり、 潮の干満のある墨田川の水を利用する池泉…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

スカイツリ-で浅草、下町の復権ナルカ?

 桜の季節、久し振りに以前よく行った下町を訪ねた。  先づは浅草。 近所で肉屋を経営していた親友と、仕事帰りによく飲み、且つ、食った。  浅草は、遊びに来た人中心の表どうりの店と、地元の味に拘った人達中心の、古くからの庶民的な老舗の店がある。 地元の友人に連れて行かれた店は、どこも料理が美味く、値段もリ-ズナブルで、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひな祭りの浜離宮はもう春だ!

 新橋の地下鉄に乗る積りが、地下のままいつの間にか新しく作られた汐留の地下に紛れ込んだ。 一旦地上に出れば地理関係が判るだろうと、紛れ込んだビルのエレベ-タ-に乗って、上から外を見たら眼下に綺麗な広い庭園が見える。  なんと浜離宮だ!   まだ見た事は無かったので、一回りしたが楽しい庭園だった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神田明神の節分 (2)

 神田明神は私の名付け親。   戦前、日本橋で豆腐屋を営業していた父が奉納したり、明神近辺の商店に製品を納めていたりしていたので名前を付けてもらったらしい。  達者で元気に暮らすようにと「達」が付けられた名前となった。  14:00スタ-トと新聞にはあったが、ここも30分づらした14:30に始められた。  こちらは神式で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

増上寺と神田明神の佛式,神式節分豆まき-(1)

  私の名付け親は神田明神と親から言われていたので、新聞に14:00予定と書かれていたのを見て出かけた。 駅で増上寺の豆まきが12:00とあったので、時間的に両方行けると思い先ず芝の大門へ。  11:30に着いたら既に大きな広いステ-ジの周りに200人くらいの人が取り囲んでおリ、門からは続々と人々が集まりつつあった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

印象深い水族館、ビ-チ、シ-サ-、グルメ  沖縄‐4

名物の海洋博公園は流石に素晴らしい。 至る所に南国の花々が咲き乱れ、また良く手入れされていて花園遊園地の様。 無料で入れて泳げるエメラルドビ-チあり、イルカプ‐ルが二つもあり、海がめ水族館、マナテイ-水族館、ちびっ子砦あり、沖縄郷土村あり、熱帯ドリ-ムセンタ-ありで一日中楽しめる。 色々な設備も整っていてまさにタダで遊べる巨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地方の世界遺産の城とその物語  沖縄‐3

 何処の国にも建国の悲劇と感動の歴史がある。 訪問するに当たって沖縄の歴史を読んだが,やはり此の国にもあった。 その中で特に次の2つの世界遺産の城の物語に心惹かれる物があったので、外れた所だったがレンタカ-を走らせた。  先ず勝連城。 沖縄の中間、東海岸の突き出た半島にある。 海抜100mの岩山に聳え立っている。石段を登り最上部の城壁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9個もの世界遺産はグスク(城)と琉球王国の関連遺跡 沖縄-2

9箇所も世界遺産がある。と言う事はそれだけの歴史と見事な遺跡が残っていると言う事でもある。琉球には70以上の多くの部族、城(グスク)が在ったが、やがて島の北、中、南の3地区に集約された3山時代を経て1429年,尚巴志が琉球を統一して首里に王府を置いた。 先ず14世紀末創建の王国のシンボル首里城。 空港からモノレ-ルで30分、終点の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早くも満開!日本で一番早く咲く沖縄のカンヒサクラ 沖縄-1

引退したら沖縄に住みたい、或はロングステイしたいと言う知人が何人かいる。 大らかな人々、美しいサンゴの海や豊かな自然が何とも云えないと。 過去3回行ったが何れも1泊2日の仕事オンリ-で往復の時間を見ると実質1日の旅で沖縄のよさに触れる事ができなかった。  今回始めてジックリ見てきた。 国内唯一の亜熱帯海洋性気候に属している…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more