テーマ:人生雑感

安土城探究の旅2 信長の見た景色

更に登っていくと7曲がりと呼ばれる少し先が見にくいジグザグの石段となる。  敵の侵略を防ぐための方策で城防御の定番だが、他の城で見るのより見通しがしにくい。  しかも急だ。 突き当たると織田信忠邸跡との立札がある。 要所要所には腹心の屋敷がある。 さらに上へ上り、突き当たりの角を超えると黒金門に突き当たる。 さらに上へ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安土城探究の旅 1 信長はここから何を見たのだろうか?

2017-6-17 この一年間、思わぬ家族の介護で忙しく、ようやく時間が取れて、前から念願だった安土城探究のじっくり旅をした。 琵琶湖東地区は、前に紅葉の名所3~4を妻と訪ねたことがあるが、安土城址は寄る時間が取れづ長年心残りだった。 信長が天下統一のためになぜここを選んだのか?  同じ立地に立って是非一度確認したかった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

満開の桜! 新宿御苑、千鳥ヶ淵、後楽園

2016-4-6 立春からツバキ、梅、桜と何とも心躍るシ-ズンがやってくる。 今までは仕事に追われ、ゆっくりと花や景色のベストシ-ズンを楽しむなどという事はなかなか出来なかったが、年齢のせいか季節の移ろいを待ち遠しく楽しみに待つようになってきた。 特に桜の楽しみは別格だ。  御苑を訪づれたら、管理の方が「一年で今日が御苑新宿最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あれから15年! 新しいニュ-ヨ-ク、ワ-ルドトレ-ドセンタ-再建!

人生では時々思いもよらぬ出来事が起こる--。  人間にとって、運命の分かれ目といえることが人生では2-3回は起こるようだ--。   不思議と3月と9月に遭遇することが多い。    東京大空襲で九死に一生を得たのも1945年3月10日、東日本大震災に遭遇し、鴻巣の小学校で寒い一夜を過ごしたのも9月11日だった。   大正12年・19…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜みなと、久しぶりのぶらり歩き。

 2015-4-3 高校の同窓会が久しぶりに横浜中華街であり、青春時代の思いに浸りながら海岸ル-ㇳを歩いた。 最近は久々に訪れる所はどこも変化が激しいが、横浜も例外ではない。 みなとみらい駅で降りたのは新駅開設直後以来で二度め。  中華街へは終点で降りるか、三沢球場からバスかタクシ-便にするのでこの駅はあまり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマハ、感動のラグビ-日本一!!

2015-2-28秩父宮 ヤマハ発動機感動の初優勝!! 久しぶりにグッとこみ上げて来るものを感じた日だった。     優勝式では表彰台後部から花火も打ち上げられ、歓喜にむせぶチ-ム。   三村雄飛丸主将を中心に笑顔と涙が弾けた!! 清宮監督が苦節4年、トップリ-グ最下位のヤマハの監督を引き受けて、今回ついに優勝へ導いた-…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祝! はやぶさ2打ち上げ成功!筑波宇宙センタ-見学

中学生の頃、天体望遠鏡を作り夜空を見るのに夢中になった時期があった。     打ち上げ間近に迫った10日ほど前、同窓の人達と筑波学園都市の一角にある筑波宇宙センタ-を見学してきた。 センタ-の入り口にはH2ロケットの実物が展示されている。 そばで見るとさすがに大きい 53mある。  2014-12-3 悪天候で数日遅れたが小惑星…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワセダ、筑波にロスタイムで粘りの逆転勝利!!

2014-9-28 シ-ズン最初の山場、筑波戦。  今シ-ズンからのレギュラ-がどんな活躍を見せてくれるのだろうか---。 立ち上がり、続けてパスの収受にミスが出てなかなかリズムに乗れない。 得点経過は10分、筑波PKを決め        0-3.。 16分、筑波右ラインアウトからモ-ルを押し込みトライ、 0-8.。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

 面白い! 釧路のみなと祭は漁港独特、地方色豊か。

2014-8-1~3 8/1、川湯から釧路に着いた日は、偶然、第67回の年一度の釧路港祭の初日だった。 駅で祭のパンフレットを渡され、見たら港町らしい行事が多い。  ホテルに荷物を置き夕暮れの街に出た。 スタートのビッグイベントは夜の船山車パレード。 青森のねぶたを船にしたような感じだが、港の看板の船を山車に仕立てて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

涼しい釧路の魅力とグルメ

 2014-8-1~4 釧路は夏は東京より常にー10度、25度を超すことは殆ど無い。 オホーツク海高気圧の影響、周りを釧路湿原や厚岸湖方面の湿原に囲まれて熱を吸収され、海風もある。 街のシンボル幣舞(ぬさまい)橋と、四季の名の付いた4体の裸婦像。 裸婦像はいずれも著名な彫刻家の作品。 中でもこの像が印象的。   駅から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

丹頂ツルが飛んで来た! 釧路湿原を歩くーー。

2014-8-1~3 屈斜路湖から川湯温泉駅へ着いて13時半、次の釧路行きに乗り、釧路湿原をじっくり見ようとまず細岡展望台へ。  駅は木造てしゃれた造り。 しかし無人駅だ。  駅の片隅にリュックを置いて、10分ほど坂道を登った所に、釧路湿原を見渡すNO1の展望台という細岡展望台へ3時半に着いた。 霞む夕日に光って蛇行する釧路川、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高倉健が出て来そうー、最果ての網走監獄

「網走番外地」や「幸福の黄色いハンカチ」等、映画にもよく登場する網走監獄、特に見ようとも思わなかったのだが、網走市場は早朝のみで開いていない。  網走へ来た記念に訪ねてみた。 釧網線は2-3時間に1本しかないので帰りの列車まで三時間しかない。 タクシ-に「網走刑務所」といったら、博物館ですね?と聞き返された。 今も使われ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現国立・最後の早明戦とユ-ミンに感動!

現国立・最後の早明戦とユ-ミンに感動! 2013-12-1 次の東京オリンピックに向けた改築の為、現国立での最後の早明戦は101回目となる定期戦の記念日ともなった。 信濃町駅からは長蛇の列、普段に比べ子供連れの家族も散見された。 国立最上段の上には立ち見の人々も取り囲み、5万人近い大観衆で埋まった。 被災地福島のラグビ-クラブの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

米国人モ-スが見た明治の庶民の暮らしと大相撲9月場所

米国人モ-スが見た明治の庶民の暮らしと大相撲9月場所 2013-9-27 江戸東京博物館へモ-スが収集した江戸から明治時代の庶民の生活用具と写真展、旅行記など3000から選ばれた300点ほどの展示物を見に出かけた。 写真は撮れないのでどんな物かは見るしかないが、当時の西洋人が感じた様々な事が実に細部に渡って記録され、写真や生活道具、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早くも満開 ! 井の頭公園と善福寺公園の桜

早くも満開 ! 井の頭公園と善福寺公園の桜 2013-3-26 今年の3月は寒暖の差が極端に激しく、河津桜の開花が10日も遅れていたのに、染井吉野は逆に10日も早く開花した。 井の頭の桜もあっという間に満開だ。 所によっては梅と桜が同時に満開を迎えているようだ。 おかしなもので、楽しいことは待ちどうしいくらいにやって来るのが期待…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

早春の伊豆・河津桜

早春の伊豆・河津桜 2013-3-11  春はいつも待ちどうしい。  河津桜は開花時季が早い。  5-6年前、ピ-クシ-ズンを目当てに訪ねたときは寒い気候がつづいて二分咲きだった。 心残りがあったので、今回は宿の予約を前日にしてタイミングを合わせて見に来た。 例年2月上旬から3月上旬がピ-クだが、今年も寒さで10日ほどピ-クは後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早春の皇居庭園と明治維新立役者の若き姿

早春の皇居庭園と明治維新立役者の若き姿 皇居三の丸尚蔵館で大隈重信、伊藤博文、岩倉具視、勝海舟等の若き日の未公開写真展があるというので、訪れた。お堀端に映える皇居富士見櫓の姿は美しい。 尚蔵館の入り口には、早や、ほころび始めた紅梅が---。 明治天皇が臣下の写真を手元に置きたいと言うので、皇族、大臣、軍幹部など4531人の写真を専…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

見事な紅葉! 新座の平林寺

見事な紅葉! 新座の平林寺   2012年の秋は短い。 残暑が激しく、何時秋になるかと思っていたら一気に厳しい寒さがやってきた。 新座の禅寺・平林寺の紅葉は良いと聞いていたので訪ねてきた。 JR新座駅から4km、50分ほど歩いて平林寺へ。総門を入ってすぐ鮮やかな季節の並木道が出迎える。 ここは1375年南北朝時代に開山され、その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おわら風の盆に魅せられて

風の盆に魅せられて 2012-7-29 富山の越中八尾に、土地の人々が大切に育ててきた「風の盆」と言う幻想的で優美な民謡行事・祭りがある、と聞いて何年経ったろうか? 今年は行こうと思いながら、遠くて不便な、しかも深夜中心の祭りと言う事で機会を逸してきた。 それが東京の西荻窪で、現地の人を招いての行事が7月29(日)行われ、祭りの町…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京ど真ん中のオアシス-皇居の東御苑

東京ど真ん中のオアシス-皇居の東御苑  2012-5-30(二の丸庭園の池。  菖蒲が咲き始めている。) 東京に長い間住んでいながら未だ見た事が無い所が結構ある。 皇居前の広場やお堀端はよく行ったが、中へは入ったことは無かった。  今回初めて散策してきた。 江戸城の正門にあたる大手門から入った。 幕府のメンバ-は皆ここから登城…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワセダラグビ-2012年、36名の新人が決意表明! 

ワセダラグビ-2012年、36名の新人が決意表明! 今年も選ばれた36名の新人が、各人の思いを込めてグラウンドで決意表明した。 まづラグビ-部長がNO1を目指すために工夫、切磋琢磨せよ! 自己に厳しい目を向けて鍛錬せよ! その事がやがて社会のリ-ダ-となる力を育ててくれる、と。 スポ-ツ振興担当教授からは、これからの4年間を如…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012 桜、満開!

2012 桜、満開!   桜は、毎年待ち遠しい---。   今年は咲き始めたら、あっという間に満開!  例年より10日遅れくらいか?  杉並の善福寺池の枝垂れ桜の下から対岸を望む。  水鳥も楽しそうに--、鯉も水面に浮かび--、亀も池の杭の上で日向ぼっこを始めた--。  池から流れる小川の縁では山吹も満開!  桜花の下を、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パリの町歩き-4 セ-ヌ河畔散策とと中心地

パリの町歩るき-4 セ-ヌ川と中心地       2012-2-19(日) パリ市の紋章はパリを東から西に流れるセ-ヌに浮かぶ帆船、セ-ヌはパリのシンボルだ。 前回は夜クル-ジングしたが,今回は昼間歩いてジックリ散歩した。写真はリヨン付近のセ-ヌ。 パリ発生の地、セ-ヌの中島・シテ島。 パリの名前は紀元前3世紀最初に此処に住み始め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パリの町歩き-3 朝市とブロ-ニュ-の森

パリの町歩き-3 朝市とブロ-ニュ-の森  2012-2-18(土) 朝市回りは楽しい! 何処へ行ってもこれだけはやりたい。 パリには70ヵ所も市が立つと言う。 ホテルのそばにも名の通った市が2つあった。  まず、エドガ-・キネの市に行った。8時半に行ったら、まだ屋台を広げている最中で、土曜なので10時から全店揃うと。 そのまま歩い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界遺産・フオンテ-ヌ・ブロ-宮殿、庭園、森

世界遺産・フオンテ-ヌ・ブロ-宮殿、庭園、森  2012-2-17 (金) リヨン駅から電車とバスで1時間半、世界遺産・フオンテ-ヌ・ブロ-を訪れた。 パリからの列車はバラエティに富んでいる。 乗るたびに客席の形が千差万別だ。 行きは2等車、片側4人席、通路からはガラスで仕切られている。 フオンテ-ヌ駅も、駅回りも静かな所で、バ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パリの町歩き-2 カルチェ・ラタンとサン・ジェルマン・デ・プレ

パリの町歩き-2 カルチェ・ラタンとサン・ジェルマン・デ・プレ      2012-2-16(木)パリで最も洗練されたエリアと言われるカルチェ・ラタンとサンジェルマンをジックリ歩いてみた。 フランスは5度目、しかし、2回はシャモニ-、モンブランのアルプス地区と、ニ-スからコ-トダジュ-ルの春のカ-ニバルへ直行したので、パリは3回目。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西洋の驚異-モンサン・ミッシェルを歩く

西洋の驚異-モンサン・ミッシェルを歩く  現在、フランスで最も人気のある観光地・世界遺産モンサン・ミッシェル。 サン・マロ湾に浮かんだ周囲900mほどの小島に築かれた、キリスト教巡礼地の中でも世界的な修道院。   ピラミッドの様に高く聳え、遠くからは波間に浮かんで見える。 8世紀始め、街の司教だったオベ-ルの夢に大天使ミカエ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界遺産・モンサン・ミッシェルを訪ねて

世界遺産・モンサン・ミッシェルを訪ねて 2012-2-15 7:10ホテルから徒歩8分でモンパルナス駅へ。 小雨、但し予報は曇り。 パリからはバスツア-などもあるが、往復15時間かかるので、新幹線でレンヌまで行き、そこからのバス便にした。 フランス自慢の新幹線と刻印器の日時押し。 列車のプラットホ-ムNOを確認しようと掲示TVを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランス・パリの町歩き-1

フランス・パリの町歩き-1  2012-2-14 パリ・ド・ゴ-ル空港からシャトル・バスでパリ・パ-クイン・エアポ-トホテル着22:00 久し振りに深い浴槽でユックリ温まり、モロッコの疲れを取ろうと翌朝遅くまでぐっすり寝た。 チェック・アウト12:00、空港から鉄道でパリ・モンパルナスに近いダンフエ-ル・ロシュロ-駅へ。 歩い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more