テーマ:運命の分かれ目

あれから15年! 新しいニュ-ヨ-ク、ワ-ルドトレ-ドセンタ-再建!

人生では時々思いもよらぬ出来事が起こる--。  人間にとって、運命の分かれ目といえることが人生では2-3回は起こるようだ--。   不思議と3月と9月に遭遇することが多い。    東京大空襲で九死に一生を得たのも1945年3月10日、東日本大震災に遭遇し、鴻巣の小学校で寒い一夜を過ごしたのも9月11日だった。   大正12年・19…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2011年、波乱の多い一年だった!

今年は忘れる事のできない年となった。    来年は色々な意味で、世界経済も、日本も、運命の分かれ目の年になりそうだ。 (イ-スタ-島のサン・セット。 2011 7 19) 今年は、先ず、3月11日東日本大震災に本庄からの帰宅途中、鴻巣駅で遭遇した。 乗っていた電車が、ガッタン、ゴットンと大揺れに揺れた! 外を見たら、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東北・関東大地震! 福島原発、危機!

東北・関東大地震! 福島原発、危機!2011年3月11日14:46、突如大地震が起きた!        (写真は自宅。本棚が倒れた勢いで足が折れたデロンギヒ-タ-) この日、本庄での関係先会社での幹部会議、続いて営業担当者とのランチ・ミ-ティングが終わり、いつもより早めに帰途に着いた。 高崎線に乗り、北鴻巣駅に着いて乗客の乗降が済…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九死に一生を得た!。 忘れられぬ東京大空襲の惨劇。

 この日は正に生死、運命の分かれ目の日となった。   昭和20年3月9日。   夕方、隅田川の西側、日本橋両国の自宅(当時豆腐店)に、父の故郷の甥の大学生2人が来訪.。 母はカレ-ライスでもてなした。 泊る事を勧めたが2人は帰らねば為らないとの事で、上野から夜行で帰郷した(結果は泊らなくて,良かったが---)。  1…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more