テーマ:世界遺産

パリの町歩き-4 セ-ヌ河畔散策とと中心地

パリの町歩るき-4 セ-ヌ川と中心地       2012-2-19(日) パリ市の紋章はパリを東から西に流れるセ-ヌに浮かぶ帆船、セ-ヌはパリのシンボルだ。 前回は夜クル-ジングしたが,今回は昼間歩いてジックリ散歩した。写真はリヨン付近のセ-ヌ。 パリ発生の地、セ-ヌの中島・シテ島。 パリの名前は紀元前3世紀最初に此処に住み始め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界遺産・フオンテ-ヌ・ブロ-宮殿、庭園、森

世界遺産・フオンテ-ヌ・ブロ-宮殿、庭園、森  2012-2-17 (金) リヨン駅から電車とバスで1時間半、世界遺産・フオンテ-ヌ・ブロ-を訪れた。 パリからの列車はバラエティに富んでいる。 乗るたびに客席の形が千差万別だ。 行きは2等車、片側4人席、通路からはガラスで仕切られている。 フオンテ-ヌ駅も、駅回りも静かな所で、バ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西洋の驚異-モンサン・ミッシェルを歩く

西洋の驚異-モンサン・ミッシェルを歩く  現在、フランスで最も人気のある観光地・世界遺産モンサン・ミッシェル。 サン・マロ湾に浮かんだ周囲900mほどの小島に築かれた、キリスト教巡礼地の中でも世界的な修道院。   ピラミッドの様に高く聳え、遠くからは波間に浮かんで見える。 8世紀始め、街の司教だったオベ-ルの夢に大天使ミカエ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界遺産・モンサン・ミッシェルを訪ねて

世界遺産・モンサン・ミッシェルを訪ねて 2012-2-15 7:10ホテルから徒歩8分でモンパルナス駅へ。 小雨、但し予報は曇り。 パリからはバスツア-などもあるが、往復15時間かかるので、新幹線でレンヌまで行き、そこからのバス便にした。 フランス自慢の新幹線と刻印器の日時押し。 列車のプラットホ-ムNOを確認しようと掲示TVを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界遺産・マラケシュ 世界一の市場・ス-クとお祭り広場

世界遺産・マラケシュ 世界一の市場・ス-クとお祭り広場2012-2-11 1199年に建設された77mのクトウピア・モスクのミナレット。  ム-ア様式の傑作と言われ、ここではこれ以上の高さの建物は禁じられているので、、街の何処からでも見られシンボル・タワ-だ。  夜もライトアップされている。  フナ広場のそばにある。 着飾った3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界遺産アイト・ベン・ハドウとオ-ト・アトラスの山越え

世界遺産アイト・ベン・ハドウとオ-ト・アトラスの山越え 毎朝、遠くからイスラム教のお祈り開始のアザ-ンが聞こえてくる。 1日に5回お祈りするらしい。 ワルザ-ザ-トから西へ33km、川のほとりにある丘の斜面に造られているクサル(カスパの集合した村の要塞)が世界遺産・アイト・ベン・ハドウ。 モロッコで一番美しいクサルと言う。  立地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界遺産-「古都メクネス」とモロッコでスキ-?

世界遺産-「古都メクネス」とモロッコでスキ-? メクネスはフエズから車で30分ほどの所にある古都で、周辺はオリ-ブやブドウなどの農産物が豊富に取れる地域だ。 気候も良く、水も美味しいようで、特にメクネス・ワインはモロッコNO1といわれ人気がある。 立地的にも、世界遺産ヴオルビリスや,聖都ム-レイ・イドリスに近く、モロッコの南北の中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界遺産 「世界一の迷宮都市フエズ」

フエズはモロッコ最初のイスラム王朝の都。 ムハンマドの婿・アリ-の子孫ム-レイ・イドリス1世は8世紀にバクダッドのアッバ-ス朝の迫害からモロッコに亡命し、地元ベルベル人の信頼も得てイスラム王朝をム-レイ・イドリスに興した。 その息子2世がフエズ川西岸に都を築き、その後イドリス朝が2世紀、ベルベル人の王朝が2代続いたが、町は発展を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界遺産 ヴォルビリス遺跡

世界遺産 ヴォルビリス遺跡 2012-2-3   パリで時差調整した事で、体調は順調。 出来れば、モロッコへ入るときはスペインのマルガから船に乗り、雰囲気を味わいながらジブラルタル海峡を越えてモロッコのタンジェへ入り、旅をスタ-トさせたいと思っていた。 しかし、中東と北アフリカのイスラム諸国の政治情勢が、エジプトを中心とした「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シドニ-と世界遺産・ロックス  32日間世界一周の旅

世界三大美港・シドニ-と世界遺産・ロックス  11-7-25(月)~27(水) ヌ-メアの空港カウンタ-で搭乗手続きを始めたら、「オ-ストラリアのビザを見せろ」と--。 「エッ、ビザは必要ないはずだが?」  と言ったが、、必要だと。 「オ-ストラリアは3回目で、前2回とも必要無かった。 ビザは取ってない、本当に必要なのか確…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インカとマチュピチュの謎?

インカとマチュピチュの謎? イ-スタ-島のモアイ文明はインカの影響だと言う説が強かった時期があり、現実にそれを示す物があるという記事を読んで、現物も見たかった。  確かに今までの南米各地で見た石組みと良く似たものが2-3ある。  後ろの石組みなど。 しかし、殆どはポリネシアの風俗・習慣を受け継いでいると思う。  髷や、墓の作り方、ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イ-スタ-島の世界遺産--3 イングランドの女性公認レフェリ-と同行

イ-スタ-島の世界遺産--3  11-7-19(火)  ツア-2日目は島の南から。 ホテルからバスで20分、山道を登り、飛行場の南西、島の先端にラノ・カウ山・火口があり、中に湖が出来ている。 国立公園となっいて、ゲ-トでチケットを見せ上に歩くと、山の頂上部分にオロンゴ儀式村がある。  周りは、どこまでも波打つ紺碧の南太平洋!  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界遺産・イ-スタ-島の謎-2  世界一周23日目

世界遺産・イ-スタ-島の謎  世界一周23日目  11-7-18(月) 9:30バスがホテルに迎えに来て、ツア-スタ-ト。  5-6のホテルから総勢30人ほど。 ガイドは現地人でスペイン語、英語の2回説明。  スペイン語系家族連れが意外に多い。  自国チリの人達のよう。 第一日目は、島の東海岸ル-トから北上を始め、北部中央から島中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モアイの島・イ-スタ-島--1 非劇の歴史

モアイの島・イ-スタ-島--1 非劇の歴史  11-7-17(日) サンチアゴ8:30離陸、西へ3760km、途中海ばかり、5.2時間かかってようやく島影が見え、ポリネシア群島最東端のイ-スタ-島に、現地時間の昼近く到着。(写真は機上から) 滑走路はナサの宇宙船の緊急滑走路に指定されていて3300mもあり、両端は海に近い。  デッキに…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ペル-の首都・リマと世界遺産

ペル-の首都・リマと世界遺産  11-7-14(木) リマは人口800万、かのスペインのインカ征服者ピサロが、1535年クスコより遷して建都した、南米の北の玄関口の都市だ。 B&B・KIKEの隣は個人タクシ-の自宅、空港送迎はこの人がしてくれる。  今日はリマの旧市街の世界遺産を一人で見に行こうと、隣のタクシ-を頼んだら、KIKE…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界遺産クスコ  世界一周15日目

世界遺産クスコ  11-7-10(日)  早起きしてホテルの周りをひと歩きした。 クスコは人口50万、3400mの高地に在り、坂道も多く、チョッと急いだりすると息切れする。 写真はサクサイワマンとクスコを結ぶ坂道。   Hはアルマス広場から1分の所。 有名観光地だけあって早朝から人出も多い。 中央にクスコを首都にした第9代インカ皇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クスコ・マチュピチュ周辺の「聖なる谷」の遺跡群

span style=font-size:larger>クスコ・マチュピチュ周辺の「聖なる谷」の遺跡群  11-7-9(土) 標高2500~3000mの高地でありながら、豊かな土壌と風土に恵まれ、インカの都・クスコの食と、繁栄を支えた「聖なる谷」。 実際、日本で言えば、夏の北海道のような、広々として景観にも恵まれた地方だ。  …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

マチュピチュから聖なる谷、クスコへ

マチュピチュから聖なる谷へ   11-7-7~8  今日はマチュピチュ発見100周年の日、切符が手に入らなかったのでユックリ起きた。 しかし、昨日タップリ見た満足感もあり、今日は村の散策程度にして疲れを取ろうと決めた。 マチュピチュから8方向にインカ道があり、村からの道もあるので、少し歩いて見ようと10分ほど登ってみた。 確りし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マチュピチュ‐‐4 太陽の神殿

マチュピチュ‐‐4遺跡の中のハイライトの一つ、「太陽の神殿」は美しい曲線の石組みで出来ている。  階段下から見ると、大きな自然石の土台の上に、綺麗に組み立てられた塔の形をしていてトレオンと呼ばれている。  見えている窓が冬至の朝日が差し込む窓。  窓の周りに足場用の丸石がある。  マチュピチュ遺跡は、全体的に痛みが激しくなって来ている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マチュピチュ‐‐3  コンドルの神殿

マチュピチュ‐‐3 最高所の日時計の場所を降りる時は、左側は500mほどの目も眩む垂直の絶壁!  さすがに両手を使いながら慎重に降りた。 やがて中央広場の奥、突き当たりに出る。 正面右奥の立っている巨石が聖なる石(遠くに見えるヤナンティン山と似ている)その右を行くとワイナピチュ登山口になる。  左奥にも巨石が立っている。  マチュピ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マチュピチュ‐-2  聖なるゾ-ンと見事な石組

マチュピチュ‐-2 見張り小屋の上の位置から全体俯瞰すると、真ん中の広場の左側に、神殿や太陽崇拝の設備などがあり、右側に住居や月の天体観測設備、コンドルの神殿などがある。 先ず、インカ道からマチュピチュヘ入って来た積りで、順次、ゆっくり見始めた。  まづ、見張り小屋。 マチピチュの何処からも見る事が出来、同時に此処からはインカ道…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マチュピチュ-1  優れた立地の全体像

マチュピチュ-1  4:30起床、5:30朝食とり、6:00バス乗り場へ。  バスは常に1‐2台が待機、満席になり次第出発。 3台目に乗れ約30分、写真の様な13往復のつづら折の坂道を400m登る。 右は谷、左は絶壁、しかも未舗装で凸凹の道、バスはガタガタ走る‐‐‐。 ガ‐ドレ‐ルは全くない---。  道幅も無いので、下りの車と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イグアスの滝‐‐2 アルゼンチン側

イグアスの滝‐‐2 アルゼンチン側  イグアスとはインディオの言葉で「大きな水」と言う意味。 ナイアガラ、ビクトリアと共に世界3大瀑布と言われるが、300もの滝が4kmにわたって流れ落ちる規模はダントツNO1。  ブラジル、アルゼンチン、パラグアイ3国に跨るイグアス川にある。  ユネスコの世界自然遺産に登録されている。  ブラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イグアスの滝‐‐1

イグアスの滝‐‐1 11-6-30 朝TVでBBCを見る。 ギリシャの財政不安とデモ、アルカイダのカブ-ルのホテル襲撃など。 6時朝食。 リオのような観光地でこの時間に朝食とるのは空港へ急ぐ者くらいか、3人だけ。 道路はすでに込んでいたが、運転手は左右にコ-スを取りながら猛烈に飛ばして、40分でガリオン空港へ。 ブラジル国内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リオ・デ・ジャネイロ--1

リオ・デ・ジャネイロ 1  成田10:55発のBA6便でロンドンへ、空港近くのシェラトンヒ-スロ-で1泊、翌日13:15発BA249でリオへ。  27日21:10、ガレオン空港着。 飛行24h、総計41hでリオ入りした。 入国手続き終え22:00、空港3Fにある ルショ-ルH着。  幸いにも深い浴槽だったのでよく温まって寝た。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インドの旅--12 インドの今と将来を思う

インドの旅--12 インドの今と将来を思う 2週間ほどだが西インドのムンバイから中央、北インドを訪ねて来た。 インドの国内航空便3回、急行列車2回、バスで30時間ほどを使い10都市、13の世界遺産を駆け足で見てきた。 しかし、世界の1/6に匹敵する11億強の人口、日本の9倍に近い国土から見れば、ほんの一部を見た、或は触れたに過…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インドの旅--11  首都デリ-とインドの宗教・神々

インドの旅--11  首都デリ- デリ-新空港は3ヶ月前に完成し、世界NO4の規模となった。 広い土地の中に造った様で回りは広い道路を張り巡らし、一見近代都市らしい雰囲気もあるが、一歩横道に入るとやはり汚れた住まいや貧しいと思われる人々の暮らしに出会う。 今回の旅でデリ-は2日間訪れた。 初日は朝早く、イスラム建築の傑作と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インドの旅--10  世界遺産・ジャンタル・マンタル

インドの旅--10  世界遺産・ジャンタル・マンタル シャイプ-ルの街を築いたマハラジャは天文学にも造詣が深く、当時の世界各地の書物、天文台を研究し、インドに5箇所も天文台を作った。 特に此処シティパレスの隣に作ったものが最大で観測儀の数も多い。天文台の北部分全景。 18世紀に創られた。 石造りの天文台としては世界最大のもの。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インドの旅--9  ピンク・シティ-、世界遺産・ジャイプ-ル

インドの旅--9  ピンク・シティ-、世界遺産・ジャイプ-ル デリ-南西266km、タ-ル砂漠東端の水に恵まれた所に有る、此の地の王が造った城壁に囲まれた都市。 此の地方は、赤味かかつた土色の石の産地で城も建物もピンクカラ-で華やかさの有る街だ。 宝石、ダイヤ、ルビ-の好産地で、世界の90%が此処で磨かれているらしい。 それだけ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

インドの旅--8  全館大理石彫刻!-インドの至宝・タ-ジ・マハル

インドの旅--8  全館大理石彫刻!-インドの至宝・タ-ジ・マハル (真っ直ぐ伸びる前の水路から見る、左右対称の朝日に輝く世界遺産・タ-ジ・マハル。基壇95m4方、本体57m4方、高さ67m。 4本のミナレット・高さ43mは地震の時は外側に倒れるように設計され、タ-ジ・マハルは不滅のように考えられているという。 敷地全体も緑と水に囲ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more