テーマ:世界一周

シドニ-と世界遺産・ロックス  32日間世界一周の旅

世界三大美港・シドニ-と世界遺産・ロックス  11-7-25(月)~27(水) ヌ-メアの空港カウンタ-で搭乗手続きを始めたら、「オ-ストラリアのビザを見せろ」と--。 「エッ、ビザは必要ないはずだが?」  と言ったが、、必要だと。 「オ-ストラリアは3回目で、前2回とも必要無かった。 ビザは取ってない、本当に必要なのか確…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

楽園! ニュ-カレドニア・ヌ-メア 世界一周29日目

ニュ-カレドニア・ヌ-メア  11-7-23(土) パペ-テ発ニュ-カレドニア行きは、週1便のエア-・カラン5:10しかない。  前夜18:00に寝て今日の2時起きに備えた。 朝3時予約のタクシ-が20分たっても来ない。 フロントも慌て始めた時、大荷物の仏人3人が予約した大型タクシ-が、これも遅れて着いたが、スペ-スがあって同乗させ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タヒチ パペ-テは自動車ラッシュ!

タヒチ  11-7-21(木)  イ-スタ島から4000km、6時間、現地時間午前0:30(時差が4hあるのでイ-スタ-時間では午前2:30)にパペ-テ空港に着いた。 イ-スタ-からタヒチは、週2便の水曜深夜着、タヒチ-からヌ-メアは、週1便、金曜早朝5時発しかない。   日程はそれに合わせざるをえない。 今回の旅の日程上の難所の一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イ-スタ-島の世界遺産--3 イングランドの女性公認レフェリ-と同行

イ-スタ-島の世界遺産--3  11-7-19(火)  ツア-2日目は島の南から。 ホテルからバスで20分、山道を登り、飛行場の南西、島の先端にラノ・カウ山・火口があり、中に湖が出来ている。 国立公園となっいて、ゲ-トでチケットを見せ上に歩くと、山の頂上部分にオロンゴ儀式村がある。  周りは、どこまでも波打つ紺碧の南太平洋!  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界遺産・イ-スタ-島の謎-2  世界一周23日目

世界遺産・イ-スタ-島の謎  世界一周23日目  11-7-18(月) 9:30バスがホテルに迎えに来て、ツア-スタ-ト。  5-6のホテルから総勢30人ほど。 ガイドは現地人でスペイン語、英語の2回説明。  スペイン語系家族連れが意外に多い。  自国チリの人達のよう。 第一日目は、島の東海岸ル-トから北上を始め、北部中央から島中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モアイの島・イ-スタ-島--1 非劇の歴史

モアイの島・イ-スタ-島--1 非劇の歴史  11-7-17(日) サンチアゴ8:30離陸、西へ3760km、途中海ばかり、5.2時間かかってようやく島影が見え、ポリネシア群島最東端のイ-スタ-島に、現地時間の昼近く到着。(写真は機上から) 滑走路はナサの宇宙船の緊急滑走路に指定されていて3300mもあり、両端は海に近い。  デッキに…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

チリの首都・サンティアゴ、美味いウニ  世界一周20日目

チリの首都・サンティアゴ、安くて美味いウニ  11-7-15(金) リマを7:10発標高520mのサンティアゴへ現地時間11:40着。  此処はチリの真ん中、日本と丁度反対の緯度にある。   今回の旅で日本と一番距離が遠い。 季節は全く逆。 人口600万人、1541年黄金を求めてやって来たスペイン人が築いた。明後日のイ-スタ-島行きが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界遺産クスコ  世界一周15日目

世界遺産クスコ  11-7-10(日)  早起きしてホテルの周りをひと歩きした。 クスコは人口50万、3400mの高地に在り、坂道も多く、チョッと急いだりすると息切れする。 写真はサクサイワマンとクスコを結ぶ坂道。   Hはアルマス広場から1分の所。 有名観光地だけあって早朝から人出も多い。 中央にクスコを首都にした第9代インカ皇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クスコ・マチュピチュ周辺の「聖なる谷」の遺跡群

span style=font-size:larger>クスコ・マチュピチュ周辺の「聖なる谷」の遺跡群  11-7-9(土) 標高2500~3000mの高地でありながら、豊かな土壌と風土に恵まれ、インカの都・クスコの食と、繁栄を支えた「聖なる谷」。 実際、日本で言えば、夏の北海道のような、広々として景観にも恵まれた地方だ。  …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

マチュピチュから聖なる谷、クスコへ

マチュピチュから聖なる谷へ   11-7-7~8  今日はマチュピチュ発見100周年の日、切符が手に入らなかったのでユックリ起きた。 しかし、昨日タップリ見た満足感もあり、今日は村の散策程度にして疲れを取ろうと決めた。 マチュピチュから8方向にインカ道があり、村からの道もあるので、少し歩いて見ようと10分ほど登ってみた。 確りし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マチュピチュ‐‐4 太陽の神殿

マチュピチュ‐‐4遺跡の中のハイライトの一つ、「太陽の神殿」は美しい曲線の石組みで出来ている。  階段下から見ると、大きな自然石の土台の上に、綺麗に組み立てられた塔の形をしていてトレオンと呼ばれている。  見えている窓が冬至の朝日が差し込む窓。  窓の周りに足場用の丸石がある。  マチュピチュ遺跡は、全体的に痛みが激しくなって来ている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マチュピチュ‐‐3  コンドルの神殿

マチュピチュ‐‐3 最高所の日時計の場所を降りる時は、左側は500mほどの目も眩む垂直の絶壁!  さすがに両手を使いながら慎重に降りた。 やがて中央広場の奥、突き当たりに出る。 正面右奥の立っている巨石が聖なる石(遠くに見えるヤナンティン山と似ている)その右を行くとワイナピチュ登山口になる。  左奥にも巨石が立っている。  マチュピ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マチュピチュ‐-2  聖なるゾ-ンと見事な石組

マチュピチュ‐-2 見張り小屋の上の位置から全体俯瞰すると、真ん中の広場の左側に、神殿や太陽崇拝の設備などがあり、右側に住居や月の天体観測設備、コンドルの神殿などがある。 先ず、インカ道からマチュピチュヘ入って来た積りで、順次、ゆっくり見始めた。  まづ、見張り小屋。 マチピチュの何処からも見る事が出来、同時に此処からはインカ道…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マチュピチュ-1  優れた立地の全体像

マチュピチュ-1  4:30起床、5:30朝食とり、6:00バス乗り場へ。  バスは常に1‐2台が待機、満席になり次第出発。 3台目に乗れ約30分、写真の様な13往復のつづら折の坂道を400m登る。 右は谷、左は絶壁、しかも未舗装で凸凹の道、バスはガタガタ走る‐‐‐。 ガ‐ドレ‐ルは全くない---。  道幅も無いので、下りの車と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マチュピチュ村=アグアス・カリエンテス

マチュピチュ村=アグアス・カリエンテス リマのホテルを朝6時に出て、飛行機、タクシ-、列者を乗り継ぎ11.5時間掛かって15:30、麓の村に着いた。 村はウルバンバ川に沿って、山の斜面にあり、細長い全長3-400mの坂道でできている。 写真左は村の中央にある宿泊したホテル・エル・マピ。 ここは夕食付きホテルだがレストランの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リマからマチュピチュへの道  世界一周10日目

リマからマチュピチュへの道  11‐7‐5(火) 昨夜、サンパウロからリマ空港へ着き、ペル-入国手続きを済ませたのはリマ時間夜12時、時差があるのでサンパウロ時間午前2時。   心配だったB&Bホテルのオ-ナ-とは直ぐ会えた。 そこから15分ほどでホテルへ着き、シャワ‐浴びて直ぐ寝た。 5時半に目覚め、6時半ホテルを出て空港…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンパウロの日本人街

;サンパウロの日本人街 サンパウロは人口1000万、在留邦人35万と言う南米きっての大商・工業都市。 空港は意外に小さく、シンプルだ。 空港インフオでHへの行き方を確認したら、タクシ-は地区ごとの定額制でUS$とレアルの両料金がプリントされたチケットをよこした。 運転手にこれを渡してH名を言う。 このシステム、とかく初めての国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イグアスの珍しい鳥、動物。 ブラジルの未来は明るい!  世界一周7日目

イグアスの珍しい鳥、動物。 11‐7‐2(土)  イグアスは連続6日雨! これは滅多にない珍しい事のようだ。  この日は、出来れば、滝の上空をヘリで一周するつもりだったが断念。 サンパウロ行きが予定どうり13:15に出発と聞いてホッとした。  空港の傍にバ-ドパ-ク(鳥類・植物園)があるので、そこを見学して、空港に行く事にした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リオ・デ・ジャネイロ--2 世界一周4日目

リオ・デ・ジャネイロ-2  早朝のコパカバ-ナ海岸。 北はセントロ方面、 南(写真)はイパネマ方面。    ランニング、サイクリングしている人が結構多い。  リオとは川、ジャネイロは1月、ポルトガルが侵入してきたフランスを撃退した1月20日を記念して命名。 人口700万の大都市、2014年サッカ-・ワ-ルドカップ、続いて201…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リオ・デ・ジャネイロ--1

リオ・デ・ジャネイロ 1  成田10:55発のBA6便でロンドンへ、空港近くのシェラトンヒ-スロ-で1泊、翌日13:15発BA249でリオへ。  27日21:10、ガレオン空港着。 飛行24h、総計41hでリオ入りした。 入国手続き終え22:00、空港3Fにある ルショ-ルH着。  幸いにも深い浴槽だったのでよく温まって寝た。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インカ・マヤ文明に惹かれて--。 はからずも、南米経由世界一週の旅。

 世界史の中で、平地や大河の傍に築かれたもろもろの古代文明の中で、アンデスの急峻な山や谷を中心に栄えたインカ文明と、多くの密林の中に作られたマヤ文明は何と言っても異色で、謎解きの興味をそそる!  前からインカやマヤの記事を見るにつけ、実物を見たいと言う熱望に駆られていたが、現役中はとても無理な願望だった。 今回、ようやく実現…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more