テーマ:旅と街歩き

国宝・彦根城天守閣とおんな城主井伊直虎

安土城探究の旅の後、彦根を訪ねた。 NHKの大河ドラマで目下、おんな城主・井伊直虎の波乱に富んだ生涯が放送中だが、家康が二代目の井伊直政に、徳川に降伏した武田の赤備え軍団を配下に付けここ彦根に築城させ、京と西国への備えとした。 この天守閣は国宝五天守閣の一つとなっている。  今年は築城410年祭が行われている。 外観は誠に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安土城探究の旅2 信長の見た景色

更に登っていくと7曲がりと呼ばれる少し先が見にくいジグザグの石段となる。  敵の侵略を防ぐための方策で城防御の定番だが、他の城で見るのより見通しがしにくい。  しかも急だ。 突き当たると織田信忠邸跡との立札がある。 要所要所には腹心の屋敷がある。 さらに上へ上り、突き当たりの角を超えると黒金門に突き当たる。 さらに上へ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安土城探究の旅 1 信長はここから何を見たのだろうか?

2017-6-17 この一年間、思わぬ家族の介護で忙しく、ようやく時間が取れて、前から念願だった安土城探究のじっくり旅をした。 琵琶湖東地区は、前に紅葉の名所3~4を妻と訪ねたことがあるが、安土城址は寄る時間が取れづ長年心残りだった。 信長が天下統一のためになぜここを選んだのか?  同じ立地に立って是非一度確認したかった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吉祥寺祭り

一番住みたい町として人気の高い吉祥寺、例年9月に秋祭りがある。 吉祥寺八幡神社が中心。 白装束の神主に導かれ 神馬が駅前へ引かれてきて先導の役割。 駅前のロ-タリ-から御輿が出陣。  沿道一杯の見物人が見守る中を幟を前に威勢よくスタ-ㇳ。 お面をつけてお神楽風の屋台が愛嬌を振りまく。 それぞれの町の神輿があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の美しい村、信濃の川上村

美しい村といわれる処はそう多くはない。 イギリスではコッツウォルズのバイブリ-など英国で一番美しい村といわれている村がある。 一体どんな所かと訪れた事があるが、確かに環境が素晴らしい所だった。 川上村はよく日本の美しい村の代表格と聞いていたので、今回ツア-があったので便乗した。 2016-9-28,29 しかし、一泊二日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AKBの聖地となった!! 神田、お茶の水街歩き

東京の下町風情の残っている所を久しぶりに歩いた。 2016-10-12 今回は御茶ノ水、神田、万世橋、秋葉原地区をてくてくしながらグル-プでカメラスケッチ。 まずは御茶ノ水駅東の聖橋を起点に。 神田川に架かるア-チ橋は湯島聖堂とニコライ堂の中間に位置し聖橋と 名付けられたとか。、  橋北にこの地域は日本学校教育の発祥地で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

満開の桜! 新宿御苑、千鳥ヶ淵、後楽園

2016-4-6 立春からツバキ、梅、桜と何とも心躍るシ-ズンがやってくる。 今までは仕事に追われ、ゆっくりと花や景色のベストシ-ズンを楽しむなどという事はなかなか出来なかったが、年齢のせいか季節の移ろいを待ち遠しく楽しみに待つようになってきた。 特に桜の楽しみは別格だ。  御苑を訪づれたら、管理の方が「一年で今日が御苑新宿最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立春、早くも梅が咲き誇る亀戸天神!

2016-2-13 大寒を過ごして、いまだ厳しい冬空に凛と咲き始める梅は思わず見とれる。 春を告げる草木はどれもひとしおの感動をくれる。  10本も育てている椿好きだが、梅も大好きで2本育ててきた。 春一番が吹き、各地で梅がかなり開花したと聞き、久々に亀戸天神を訪ねた。   ここは徳川4代家綱が江戸明暦の大火の後、江戸復興を願って土…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

始めて見る葉・花々が満載!大寒の新宿御苑の温室

2016-1 部屋の窓からのぞく快晴の初日の出。、一方、ここのところ天変地異と言っていいほど気候の変化が激しい。   2016年はどんな年になるか?   シエ-ル革命や、イランの制裁解除などで石油が30ドルを切り、かってのオイルショックが嘘のようだ。 中国経済の変調もあり、世界経済は大変調と、不穏な年明けだ。年初めにまずは昨年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉・黄葉のシ-ズン、新宿御苑

戦後、皇室庭園から国民公園として一般に公開されるようになった新宿御苑。    春の観桜会、秋の観菊会で名高いが四季折々楽しめる。   11月末の風情もまた素晴らしい。 銀杏の黄葉はまさに真っ盛り。 江戸時代、徳川の家臣,高遠藩・内藤家の庭園だった「玉川園」、 昔はこの辺は内藤新宿と呼ばれていたようだ--。 この赤、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あれから15年! 新しいニュ-ヨ-ク、ワ-ルドトレ-ドセンタ-再建!

人生では時々思いもよらぬ出来事が起こる--。  人間にとって、運命の分かれ目といえることが人生では2-3回は起こるようだ--。   不思議と3月と9月に遭遇することが多い。    東京大空襲で九死に一生を得たのも1945年3月10日、東日本大震災に遭遇し、鴻巣の小学校で寒い一夜を過ごしたのも9月11日だった。   大正12年・19…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

盛大に、粋に遷座400を祝う神田祭!

   2015-5-10     ( 粋で、いなせで、色気があって、華やかな女御輿! ひときわ大きな声援を浴びて--、) 神田明神が現在の大手町にある「将門塚」から、江戸城の拡張のため1616年現在地に移動して400年になる節目の今年、日本3大祭り(京の祇園、大阪の天神祭り)の一つ、神田祭が盛大に行われている。 まづは御茶ノ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早慶レガッタ 浅草散歩

 2015-4-19久しぶりに見る春の風物詩・早慶レガッタ、吾妻橋で目の前を通り過ぎた時は1.5艇身リ-ド、4年ぶりの勝利! とグル-プで決めていた祝勝会場の朝日々-ル本社ビル22Fのレストラン会場へ行ったら、早稲田艇がコースを外れていて反則負け、と伝えられてがっくり!  しかし1.5挺身差で先にゴ-ルしたのは事実なので、それはそれとし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

清宮幸太郎選手早実デビュ-

 2015-4-9 早稲田ラグビ-元監督・清宮さんの長男・幸太郎選手が都の春季大会3回戦でデビュ-した。 ワセダクラブで小学生の頃ラグビ-をしていたのを見たことがあるが、将来父親の後を追ってラグビ-に進むと思っていたが、中学から始めた野球で優れた才能を発揮し、リトルリ-グで世界一の中心選手として大活躍し方向転換したという。 自分も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜みなと、久しぶりのぶらり歩き。

 2015-4-3 高校の同窓会が久しぶりに横浜中華街であり、青春時代の思いに浸りながら海岸ル-ㇳを歩いた。 最近は久々に訪れる所はどこも変化が激しいが、横浜も例外ではない。 みなとみらい駅で降りたのは新駅開設直後以来で二度め。  中華街へは終点で降りるか、三沢球場からバスかタクシ-便にするのでこの駅はあまり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

300年前の日本に紛れ込んだ?---

街歩きを楽しんでいると思わぬ経験をすることがある。 ある日の夕方、豪雨後の雨上がりに、思いもよらず、江戸時代に紛れ込んだ-----。どこか、一昔前の懐かしい夜明け後の井戸端の風景---。 もうすぐ、おかみさん達の井戸を囲んだ朝の喧騒が始まりそう---。 しばらく先へ行くと、黒沢映画の「用心棒」や「椿三十郎」で見かけたような…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祝! はやぶさ2打ち上げ成功!筑波宇宙センタ-見学

中学生の頃、天体望遠鏡を作り夜空を見るのに夢中になった時期があった。     打ち上げ間近に迫った10日ほど前、同窓の人達と筑波学園都市の一角にある筑波宇宙センタ-を見学してきた。 センタ-の入り口にはH2ロケットの実物が展示されている。 そばで見るとさすがに大きい 53mある。  2014-12-3 悪天候で数日遅れたが小惑星…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 面白い! 釧路のみなと祭は漁港独特、地方色豊か。

2014-8-1~3 8/1、川湯から釧路に着いた日は、偶然、第67回の年一度の釧路港祭の初日だった。 駅で祭のパンフレットを渡され、見たら港町らしい行事が多い。  ホテルに荷物を置き夕暮れの街に出た。 スタートのビッグイベントは夜の船山車パレード。 青森のねぶたを船にしたような感じだが、港の看板の船を山車に仕立てて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

涼しい釧路の魅力とグルメ

 2014-8-1~4 釧路は夏は東京より常にー10度、25度を超すことは殆ど無い。 オホーツク海高気圧の影響、周りを釧路湿原や厚岸湖方面の湿原に囲まれて熱を吸収され、海風もある。 街のシンボル幣舞(ぬさまい)橋と、四季の名の付いた4体の裸婦像。 裸婦像はいずれも著名な彫刻家の作品。 中でもこの像が印象的。   駅から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

丹頂ツルが飛んで来た! 釧路湿原を歩くーー。

2014-8-1~3 屈斜路湖から川湯温泉駅へ着いて13時半、次の釧路行きに乗り、釧路湿原をじっくり見ようとまず細岡展望台へ。  駅は木造てしゃれた造り。 しかし無人駅だ。  駅の片隅にリュックを置いて、10分ほど坂道を登った所に、釧路湿原を見渡すNO1の展望台という細岡展望台へ3時半に着いた。 霞む夕日に光って蛇行する釧路川、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湖畔に温泉が沸く!! 屈斜路湖

2014-8-1 8月に入り、この日から夏の観光用臨時バスが運行された。 川湯からは30~40分で屈斜路湖に着くが、普段はバス便は無い。 臨時バスで川湯から屈斜路湖の砂湯に到着する。 日本で6番目に大きい湖で、中央に見える中島は日本で1番目に大きい。 約3万年前の爆発で出来た世界で有数のカルデラ湖。 水深117m。  珍…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高倉健が出て来そうー、最果ての網走監獄

「網走番外地」や「幸福の黄色いハンカチ」等、映画にもよく登場する網走監獄、特に見ようとも思わなかったのだが、網走市場は早朝のみで開いていない。  網走へ来た記念に訪ねてみた。 釧網線は2-3時間に1本しかないので帰りの列車まで三時間しかない。 タクシ-に「網走刑務所」といったら、博物館ですね?と聞き返された。 今も使われ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

町中、源泉かけ流しの川湯温泉。

2014-7-29 川湯温泉は阿寒国立公園の東部中央にほぼ位置している。 川湯温泉駅は右手にいつでも浸かれる足湯を併設している。 樹齢300年という大木を鳥居そばに従え、温泉神社が町の中央にある。 なんと、手洗い用の水は源泉かけ流し。 さらに町の中心に流れている川は、湯気を上げつつ源泉から流れる温泉川だ。 立派な無料の足湯も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の桃源郷-三春町2000本の枝垂れ桜

三春というとまづ滝桜を思い浮かべるが、滝桜を見た後、町のパンフレットに町には2000本の枝垂れ桜があり、いくつかの名桜の写真も載っていたので2時間ほど町内を歩いてみた。 三春は伊達政宗の正室・愛姫の故郷で江戸時代には5万石の城下町だったという。 城は山城で、今は公園になっているようだが歴史を感じさせる所や名前もある。 驚いたこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の桃源郷は福島のここ。 花見山と三春町。

桃源郷と云うとまず連想するのはシャングリラとアフガニスタンのフンザ。 日本では桃の花咲くころの山梨県勝浦地区。 今回、ここも間違いなく桃源郷と呼ぶにふさわしいと感じたのが福島の花見山と郡山の三春町だ。 まず福島駅から臨時バス20分ほどで行ける花見山公園。 バスを降りて、小川沿いにピンク色をした山を目指して里山の道をゆっくり上り始…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天然記念物・三春の滝桜はベストシ-ズン

2014-4-20 写真は2度クリックすると拡大されます。 日本の桜で常に第一に挙げられるのが三春の滝桜。 過去何度も映画やT Vドラマで目にした事がある。 ピンの物をピンの状態の時に見たい!と願い何度か機会を見ていたが、仕事、開花日程、天候などの影響でチャンスが無かった。    今回、明日からは雨という前日、幸いにもよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京きっての桜の名所 高尾の桜保存林

 2014-4-10 久しぶりに高尾の桜保存林へ行こうと友人と弁当持参で出かけた。 高尾駅北口から北へまっすぐ10分の所に多摩森林科学園がある。 樹木約500種、6000本が植えられている。 ここに250種類、1500本の桜が咲く8へクタ-ルもの桜保存林がある。日本全国の主要なさくらの種類や天然記念物などもある。 桜の研究、保存…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小石川後楽園 東京に残る江戸時代の深山幽谷を訪ねて

江戸時代初期・1643年に徳川光圀によって完成されたわが国の代表的な回遊式築山泉水庭園。  場所は 後楽園ド-ムの西隣にある。 入園してすぐ、この見事な枝垂れ桜が歓迎してくれた。 樹齢60年ほどとか。その先に広がる広い池の周りには桜をはじめいろいろな木々が。 後楽園の名は中国の先憂後楽という「民衆に先立って天下のことを憂い、民…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2014 桜 桜 桜 あちこちで満開!

今年の桜は開花宣言があったと思ったら数日で満開となった。 東京の桜といえば何と言っても千鳥ヶ淵を始めとして皇居周りの桜だろう。 染井吉野、山桜、大島桜、しだれ桜などが260本も咲き誇る。 この見事さ! 城堤も、堀の水も、恋人たちのボ-トも含めてまさに見事な絵画のようだ ここの枝垂れの淡い色と姿の優雅さも魅力的だ。 植物は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京の梅もはや満開に

2014-3-14 寒空に静かに凛として咲く梅を見るとつい見とれる。 特に手入れされた大きな老木に咲く梅は見ごたえがある。 別名を春告げ草とも言われるがやはり春まじかだと思うと気も浮き立つ。 学生の頃はいつも梅の時期は試験シ-ズンで、ゆったり感賞もままならなかったし、入学、卒業シ-ヅンの桜の明るい華やかさと比べると梅は厳しさとの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more