テーマ:温泉

湖畔に温泉が沸く!! 屈斜路湖

2014-8-1 8月に入り、この日から夏の観光用臨時バスが運行された。 川湯からは30~40分で屈斜路湖に着くが、普段はバス便は無い。 臨時バスで川湯から屈斜路湖の砂湯に到着する。 日本で6番目に大きい湖で、中央に見える中島は日本で1番目に大きい。 約3万年前の爆発で出来た世界で有数のカルデラ湖。 水深117m。  珍…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

釧網本線・飽きの来ない変化に富んだ車窓、北海道1のロ-カル線

2014-7-30 釧路から網走をゴトゴト走る釧網本線は、北海道きっての景観路線. 日経新聞は森林を楽しめる日本一のロ-カる線ににここを選んだ。 沿線には、釧路湿原国立公園、火山群と温泉郷の阿寒国立公園、世界自然遺産の知床国立公園、斜里-網走国定公園などがずら-と揃っている。  一つの沿線にこれだけ国立公園がある所は無い。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

霧の摩周湖、ついに姿を現した!!

2014-7-30 朝食後、観光案内所を訪れ、摩周湖の天候を尋ねたら、現地へ確認してくれ、晴れていて見られると--。 そこえ、同じく行きたい人が現れ、割り勘で同行しましょうと一決、タクシ-に--。 まづ、川湯温泉から車10分ほどで硫黄山に寄った。 今なお常時10m以上も噴気を噴き上げる512mの活火山。 山麓から山頂まで一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

町中、源泉かけ流しの川湯温泉。

2014-7-29 川湯温泉は阿寒国立公園の東部中央にほぼ位置している。 川湯温泉駅は右手にいつでも浸かれる足湯を併設している。 樹齢300年という大木を鳥居そばに従え、温泉神社が町の中央にある。 なんと、手洗い用の水は源泉かけ流し。 さらに町の中心に流れている川は、湯気を上げつつ源泉から流れる温泉川だ。 立派な無料の足湯も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土肥温泉,沼津港、三島大社

土肥温泉,沼津港、三島大社  2/6~7 土肥温泉は見所は少ないかっては近い海水浴場としても賑っていたようだが、今は団体客が減少し、ちょっとさびれた感じ。 船便も減少し、沼津港へは朝一便しかない。 泊まった温泉は港から南へ10分ほどの高台にある中型のホテル。 前は土肥港と沼津湾が見渡せるオ-シャンビュ-だが食後の街歩きするほどの…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

堂が島温泉と松崎。

堂が島温泉と松崎。   2/6 堂ヶ島温泉ホテルは当地で唯一の源泉かけ流しで湯量が豊富、部屋はオ-シャンビュ-で眼前に三四郎島と海岸線がよく見え申し分ない立地。 露天風呂からの景観も良い。 夕食は西伊豆らしくアワビの踊り焼き、イセエビの刺身など海の恵みで大満足だった。   ホテルは海上からもよく見える。 交通の便が悪いので行き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

修善寺、伊豆韮山、堂ヶ島、、街歩きと温泉の旅

修善寺、伊豆韮山、堂ヶ島、、街歩きと温泉の旅 2014-2-5~7 西伊豆の良い旅館の割引招待券が手に入ったので行かないかと高校時代からの友人から電話があり、同級生3人で出かけた。 2月4日関東にわずかな初雪の降った翌日、久しぶりの西伊豆へ。 小田急ロマンス化-で落ち合い、旅程を相談し、小田原、三島を経てまず韮山の世界遺産申請…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉の鳴子峡、鳴子温泉

紅葉の鳴子峡、鳴子温泉 2013-11-14 日本の温泉の泉種11のうち9種があり、源泉も400本あるといわれる鳴子温泉、駅降りて観光案内所で現地情報を聞き、まづは紅葉で名高い鳴子峡へ。 メインの遊歩道は工事中で、又前夜の雪で他の遊歩道は歩きにくいとの事で、やむを得ず車で見晴台のあるレストハウスへ。 今年の紅葉は遅れ気味と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オニコウベ間欠泉、吹上温泉、地獄谷。

オニコウベ間欠泉、吹上温泉、地獄谷。 2013-11-14 山の天気は変りやすく、朝からの雨が一時止んだのでさっそく車で10分ほど近くに間欠泉と地獄谷があると言うので出かけた。 村の外れの奥の谷川に沿った所に一囲いしたゾ-ンがあり、400円払って入ると休憩所と間欠泉が大小二つある。 間欠泉は20分毎に20mくらい吹き上げる。  そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉の旅、鳴子温泉-オニコウベ温泉郷

紅葉の旅、鳴子温泉-オニコウベ温泉郷 2013-11-13~ 新幹線古川駅経由、まづオニコウベ(鬼首)温泉へ。 陸羽東線の鳴子駅から50分ほどで温泉ホテル・オニコウベへ着いた。  ここは栗駒国定公園の中にある温泉郷で、近隣には豊かな湯量の温泉が多多ある。  かむろ山(1262m)麓の高原にある、スキ-ゲレンデとゴルフ場がすぐそばに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

函館の旅 五稜郭、トラピスチヌ修道院へ

函館の旅 五稜郭、トラピスチヌ修道院へ 2013-10-17 16日は行った事の無い恵山温泉から縄文時代の中空土偶が出土したという南茅部、鹿部温泉・間欠泉など のある噴火湾沿いへと考えていたが、16号台風が関東、特に伊豆の大島で猛威を振るい、死者数十名が出た。 15夜から16日いっぱい北海道を通過すると警報が出た。  実際、風…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハイカラな函館・元町と谷地頭温泉

ハイカラな函館・元町と谷地頭温泉 2013-10-14 函館駅前から市電に乗って元町へ行こうと停留所に行ったら、偶然この電車がやって来た。 運が良かったと見えて、一日に5回ほどしかめぐり合えない函館市電100周年記念の「ハイカラ号」だった。 可愛い美人の車掌さんが後ろで紐を引っ張り、チンチンと鳴らすと 運転手が動かし始める、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

港・函館-湯の川温泉

港・函館-湯の川温泉  2013-10-14~ 何回か訪れた函館には鮮明な印象がいくつかある。 仕事で青森から訪れたた最初の時は、晩秋で、早朝の青函連絡船に乗った。 薄曇の霧の津軽海峡、追う様に飛び交うカモメ、船内食堂で食べた薄茶色の新鮮なイカ刺し---。 デッキでは石川さゆりの歌や、映画「飢餓海峡」の暴風雨で遭難する「洞爺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

谷川岳の厳しい日々。

谷川岳の厳しい日々。2013-9-12 翌朝5時に起きて部屋から見ると、旅館の庭から近くの赤沢山の姿と青空が見えた。 先ずは晴れだ。 一番風呂に入り、一番に食事を取り 一番バスでロ-プウエイ駅へ。  すぐ乗った。  ここのロ-プウエイは2本の鋼線で運ぶフニテルと呼ばれる山岳の険しい環境に対応した 風にも強い安全性に対応したゴン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

谷川岳・一の倉沢と水上温泉

谷川岳・一の倉沢と水上温泉 2013-5-18 一泊予定の北埼玉の仕事が早く終わったので、久し振りに谷川岳へ行きたくなり、基地の水上温泉の旅館に電話したら OK。 天候も良さそうとの事。 そのまますぐ水上へ急いだ。 上越線の本数が極端に少なく、水上温泉の宿に着いたら18:45.  一風呂浴びた後の食事はバイキング・スタイルだっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秘湯、燕・関温泉と妙高高原の旅

秘湯、燕・関温泉と妙高高原の旅 2013-7-30~8-2 大学卒業年度の冬試験明け、友人から赤倉に別荘を持っている人から使って良いと言われたとの事で仲間8人と赤倉温泉にスキ-に行った。 その時、赤倉の奥に関・燕温泉と言う泉質の良い秘湯があると聞いて、何時かは行きたいと考えていた。 東京ではこの1週間、毎日35度近くの熱帯日が続…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

那須の大丸温泉と茶臼岳

那須の大丸温泉と茶臼岳 2013-7-15~18 大丸温泉から見る茶臼岳南側。 今年は梅雨が短くて7月早々から35度近辺の猛暑続きとなった。 茶臼岳南麓1250mほどの那須高原の高所にある温泉へ涼しさと念願の茶臼登山を兼ねて出かけた。 山の天気は急変するので、チャンスがあれば逃さず登ろうと気がまえていたが 初日の1時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊豆の温泉-2 弓ヶ浜・下賀茂

伊豆の温泉-2 弓ヶ浜・下賀茂  2013-3-14 下田から満開になった菜の花畑を見ながら車で30分、日本・浜辺100選の一つ、弓ヶ浜に面した温泉へ。  白い砂浜に青い松---さすがに絵に描いたような浜辺だ。 伊豆三大美浜の一つで海水浴のベスト・ポイントだ。 午前中は静だったが、午後になると学校のサ-ファ-部らしき3-4グル-プ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊豆の温泉-熱川

伊豆の温泉-熱川 伊豆急行で熱川駅を通る度に、駅前の櫓から豊かに湯煙が登っているのを見て、別府のような良い温泉なんだろうな-と思い、何時かは訪ねたいと思っていた。 熱海、伊豆山、伊東、伊豆高原、今井浜、河津、下田、下加茂、堂ヶ島、宇久須、大仁、修善寺、湯ヶ島、---振り返ってみると東京からも比較的近いので彼方此方行っているが熱川は初…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉真っ盛りの層雲峡

紅葉真っ盛りの層雲峡  今年の夏は連日の猛暑つづきで、涼しい秋が待たれた。 日本で一番早いと言われる北海道大雪山系の紅葉を求めて、層雲峡と黒岳を訪れた。  黒岳(1984m)は標高1520mの7合目までロ-プウエイとペアリフトに乗って訪れたが、あいにく霧に覆われていて、4時間ほど粘ってみたが、登山ロッジの人の今日は難しそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

酸ヶ湯温泉  白濁の千人風呂はいい湯だな‐‐

八甲田山の麓、秘湯、谷地温泉から30分くらい青森方面へドライブして坂を下り始めた右側に大きな木造二階建ての一軒家の酸ヶ湯温泉が見えた。  名前は良く聞いていたが何しろ東京からは遠いので滅多に来られない。  1684年からの温泉とかで江戸時代から湯治場として名高い名湯だ。 一度は入浴してみたいと思っていたので今日は日帰りで寄った。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最後の秘湯?  鶴の湯温泉

秋田県田沢湖高原の奥、乳頭山麓に一軒宿の7棟からなる乳頭温泉郷がある。 田沢湖から40分、駐車場に着いたとたん目の前に時代がかった関所風の木の柱2本の門があり、右に水車、その奥に古くて黒い校舎のような長屋が両側にあった。 門を入るとまるで江戸時代の長屋の間に来たようなタイム・スリップした感覚になった。 ここが日本の秘湯NO1と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

後生掛温泉  オンドルと泥湯と箱蒸し風呂

4日ほど時間が取れたので秋田の名湯を訪ねた。最初に後生掛けへ。 田沢湖駅でレンタカ‐を借り北へ約1時間強、八幡平の秋田県焼山の麓の谷間、アスピ-テライン沿いにあった。 湯煙が上がり、硫黄臭が漂っている。 湯治客を含めて300人泊れるというかなり大きい木造の一軒宿だ。 60%が湯治客といい、「馬で来て、下駄で帰る後生掛け」と言われるほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

健康に良いと言う玉川温泉へ

何と無く体の疲れが取れないので、少し仕事を離れて温泉にでも行ってのんびりしようと良い所を調べていたら万病に効くと書いてあったので、思い切って7日休みを取って、秋田の八幡平の西端、焼山の麓に大きな噴煙を上げる玉川温泉に行った。  新幹線こまちで田沢湖駅からバスで80分、峡谷に降りた所に木造の大きな一軒宿、玉川温泉に着いた。 受付で説明…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more