ラグビ- 早稲田Jr、明治を破り全勝で決勝ト-ナメントへ

画像11/8(土)13:00、小雨ポツポツ来る中、明治八幡山にてキック・オフ。 (白 早稲田)
開始7分、明治10PKを狙い0-3。 
明治は決勝ト-ナメントに残るべく、珍しく始めから慎重な試合運びを見せる。

16分、ワセダ10井上,明治陣で右へ抜き14へパス、14早田2人抜きトライ。  5-3
21分、明治PKを決め5‐6.
明治はスクラムでは再三8‐9を使う。 ラックでも近場を早く攻め早稲田の反則を誘う。

21分、ワセダ15飯田の長いタッチ・キックからチャンスを掴み、スクラムサイドを8佐藤‐6中村で中央へトライ。12-6.
早稲田FWスクラムで頑張りラインアウトも8を中心によくとってセットは安定している。

34分、14早田ハ-フライン明治陣10m位からど真ん中を見事なステップを切りながら7-8人交してゴ-ル前へ、10井上に渡りトライ。  19-6.。
その数分後明治は中央でボ-ルを奪い左展開、1対3で2人余らすも早田が早い詰めと見事なボ-ルを殺す明治センタ‐へのタックルでピンチを防ぐ。
早田は流石に攻守に別格の存在感を示す。

39分、早稲田ゴ-ル前、明治渾身のスクラムを早稲田FW見事にタ‐ン・オ‐バ‐した所でハ‐フタイム。

後半15分、10井上、自らのハイ・パンを詰め,明治のノックオンをそのまま取り、抜けてトライ。
18分、右ラインアウトから10‐13へのクロスプレイ決まりトライ。  33-11.
井上選手、DF,突破も良くなり、ハイパンの距離も、高さも良く、視野も広くなった様でSO,CT何れでも行けると思う。
25分、明治にラックサイドを抜かれトライされるも、30分、左ラックを早稲田取り大きく右へ展開,14に渡り又も14大石
ハ-フライン付近からDFを交し独走してトライ、勝負を決めた。(写真はノ-サイド)画像

早稲田FW一列は慶応戦から見れば大きな進化を見せ、明治FW相手に一歩も引かず大健闘で頼もしくなった。
10井上、14早田は何時Aに入っても問題ないようだ。
6中村選手、タックル、ハンドリング、パスもうまく、実に感も良い。

これは素人フアンの勝手な夢かもしれないが、宮沢選手と中村選手はSHとしても、リ-ダ-シップ、DF、パス、ボ-ル捌き等を見ていても一級に成るような気がする。 

明治はやはりスランプのようだ。 FW攻撃でも一人一人は場面場面で非常に優れたプレ‐を見せるがかっての様に継続性が無い。 Jr戦でも熱狂するものが有ったが観客も静かになってしまった。 あの凄い明治はどうしたのだろうか?  
 
 
http://www.wasedarugby.com/r.php?page_module=gamerugby&id=1868

"ラグビ- 早稲田Jr、明治を破り全勝で決勝ト-ナメントへ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント