2016春最終戦 ヤング・ワセダラグビ-成長しつつあり  対東海大戦

2016/7/2
久々に上井草での一軍の試合を観戦、山下監督が1~2年のヤングパワ-をどんどん起用して育成中と感じた。
期待に応え始めた選手もかなり増えてきそうだ。  1年ハーフ団とセンタ-のフレッシュコンビ  状況判断も良さそうで、慣れればげ-ㇺメイクに期待大! 
画像

Aチームに登場の1年生FBの梅津友喜選手、14ウィングとして途中出場した水谷彰裕選手、共にランのスピ-ド、キックのセンス、判断力も良い。 ボ-ルを持った時の積極性は抜群だった。
今後の努力次第では秋にレギュラ-入りも見えそう。

同じく1年SO岸岡智樹、CTB中野将伍、SH斉藤直人選手は慣れれば本領発揮は時間の問題と見えた。 後半から出場の斉藤SHは周辺えの指示の声掛けも良く、攻守共に良かった。
今後の練習でコンビネ-ションが良くなればおおいに楽しみだ。  12インサイドセンタ-の成長が待たれる。

プロップ陣は後半は良かったが、相手も交代して居たようなのでまだ何とも判らなかったが、さすがに4年千葉太一選手中心に4年生トリオは安定感があった。   
画像
        強化中のスクラム 秋には-----。

最大の課題は6加藤広人選手以外のロック、フランカ-陣で秋までに誰が成長して赤黒を着るのか現段階では分からないのでは?  積極性と突破力のあるロックとしぶとく球際にかかわるワセダ伝統のフランカ-も待たれる。

怪我で欠場している5-6人の期待の選手達がいつ復帰して来るのか判らないが、カムバックが待ちどうしい。

春の成績は悪かったが明るい希望も見えてきつつあると感じた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック