現国立・最後の早明戦とユ-ミンに感動!

現国立・最後の早明戦とユ-ミンに感動! 2013-12-1
次の東京オリンピックに向けた改築の為、現国立での最後の早明戦は101回目となる定期戦の記念日ともなった。
信濃町駅からは長蛇の列、普段に比べ子供連れの家族も散見された。
国立最上段の上には立ち見の人々も取り囲み、5万人近い大観衆で埋まった。
画像

被災地福島のラグビ-クラブの子供たちが招待され選手のエスコ-ト役となり入場して来た。
試合前の校歌斉唱では珍しく観客席の多くの早明フアンが夫々の母校校歌を共に立って歌った。
試合は最初から激しい闘志がぶつかり、共にブレイク・ダウンでのタ-ン・オ-バ-が相次ぎ、スピ-ディにめまぐるしく攻防が次々と入れ替わった。  
メイジのフアイトが凄い。 スクラムでワセダを押し、FW中心にワセダ陣に迫り、 前半の半ば過ぎまで殆どワセダ陣で試合を支配した。
画像

何回もワセダゴ-ルを割りそうになったが、ワセダは懸命なタックルで良く凌ぎ耐える。
30分、機を見てメイジSO茂木選手がドロップ・ゴ-ルを決め、3-0とメイジリ-ド。 
ワセダも何回かフランカ-陣の突進、14荻野選手の素晴らしい走りからチャンスを掴みかけるがメイジの固いDFに阻まれる。
前半の最後、ワセダはようやくPKを得てこれを決め、3-3で前半終了。
画像

メイジ・チアリ-ディリングの見事なパフオ-マンス。  ワセダ・チアリ-ディングも華麗なラインダンスで魅せる(下の写真)。
画像


後半早々ワセダがメイジ陣に迫り、メイジゴ-ルライン前のラックから9岡田選手の判断良い飛ばしパスが6金選手に通り初トライ。         8-3と逆転。
しかしここから又メイジの猛攻が始まり、後半もワセダゴ-ル前での攻防の時間が増えた。
明治はスクラム、ラインアウトからのモ-ル、PKからのFWのチョンけり突進と看板のFWプレイで再三ゴ-ルに迫り、あわやトライ?かと思われたシーンもあったがワセダの堅守が阻んだ。
後半残り10分くらいからワセダが明治陣深く迫る。
画像
今度はワセダがFWプレイで執拗に迫り遂にスクラムでプッシュしてNO8佐藤選手が飛び込んでトライ、15-3として勝利を決めた。

全体としてFW戦が多く、6-7割方メイジがワセダ陣で試合し、優勢に見えたが、ワセダの堅守がそれを凌ぎ、逆に少ないチャンスを物にして勝利した。
スクラム戦は前半メイジ、中盤イ-ブン、後半ワセダの感じだったが、最後のスクラムで垣永主将の執念が結実して押し勝った様に思う。
ワセダは全員がメイジのFWに苦しみながらも、我慢強く夫々の選手が長所を出して良く戦ったと思う。
さすがに早明戦だった。 最後のトライが決まるまで、どちらが勝つか判らなかった。
それにしてもこの強い明治が対抗戦5位とは信じられない。  必ず選手権で復活して来るだろう。

試合終了後、ユ-ミンが登場、「この様な記念試合に招待され光栄」と挨拶の後、「ラグビ-選手達の厳しい練習の日々と試合後の心境に思いを馳せてオマ-ジュを捧げます」と著名な自作の名曲「ノ-サイド」の詩読と歌を熱唱した。
画像

大観衆が素晴らしい言葉と歌に、シ-ンと感動にひき込まれながら聞きほれた。
垣永主将や早明選手達の感動の涙が溢れそうな顔が国立のスクリ-ンに映し出され、ラガ-マンの苦しく長い鍛錬の姿がユ-ミンの歌と共に浮かび、思わずスタンドの我々もグッと来た。  素晴らしいセレモニ-だった。

今回の満員プロジェクトを企画し、実行し、成功させたエンジニアンズを始め、早明の学生の皆さんに大拍手したい。
試合終了後、双方の選手たちが夫々早明の学生席に交互に駆け寄り、成功の喜びを分け合う姿も良かった。
必ず、この経験が将来何らかの「事を成す」時に大いに役に立つと思う。

両校の大学戦手権での健闘を心からお祈りします。
神宮外苑の秋色も深く。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 31

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

2013年12月03日 10:00
フランク様 秩父宮絵画館前銀杏並木の写真、あまりにきれいでしたので、私のFBにシェアさせてもらいました。11月23日当日は私どもも現地にいたのですが。
わせしぶ
2013年12月07日 13:14
本当に彼女の歌は必要だったのか?
選手はクールダウンしたかったのではないでしょうか。
もし協会が招待したのなら、相変わらずの愚かさに呆れます。

この記事へのトラックバック