フランクの感動雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS AKBの聖地となった!! 神田、お茶の水街歩き

<<   作成日時 : 2016/10/17 15:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

東京の下町風情の残っている所を久しぶりに歩いた。 2016-10-12

今回は御茶ノ水、神田、万世橋、秋葉原地区をてくてくしながらグル−プでカメラスケッチ。
まずは御茶ノ水駅東の聖橋を起点に。
神田川に架かるア−チ橋は湯島聖堂とニコライ堂の中間に位置し聖橋と
名付けられたとか。、
 橋北にこの地域は日本学校教育の発祥地で、幕府直轄の
学問所・昌平黌が置かれ、その後そこから発展し、東大、お茶の水女子大、
東京教育大が近隣に誕生したとの碑文が。
画像

橋そばの東北にある湯島聖堂へ。 中には立派な大成殿があり、屋根上の如何にもいわくありそうな
青銅の動物彫像は見ごたえがある。
画像
儒学を重んじた徳川綱吉が孔子廟を作り8メ−トルもある孔子像も建てた。  
画像
 実に穏やかな笑顔の孔子だ。
中国では孔子の墓前には楷・カイの木が植えられているようで、ここの境内にも
日本では珍しい樹齢100年近い楷の大木が十数本植えられ根は大蛇の様に地表にくねって張っている。
この木は漢字の楷書の語源の木でもあるとか。

ここは漢字検定の試験所でもあるようで、講堂では授業も行われていた。
湯島にある梅でも有名な湯島天神と並び学業成就、合格祈願のパワ-スポットだ。
画像

次に1300年の歴史があり江戸の総鎮守、今も日本橋108町の総氏神の神田明神へ。
例年5月には日本三大祭りの一つ神田祭でも有名な神社、節分の豆まき、新年の
初詣でには大賑わいとなる。 
カメラスポットは数多く、国歌・君が代で歌われているさざれ石などもある。
画像
、野村胡堂の銭形平次の記念碑などもあり、 果ては秋葉原近くという事もあってサブカルチャ−とのコラボで、テレビアニメのラブライブ、こち亀との関連イベントなどもあるようだ。  アニメ巡礼者の多いアニメの聖地でもあるようだ。
画像
 境内の絵馬は幸せ祈願よりもアニメの方が圧倒的!

東の石階段を下ると明神下の老舗や町屋の風情 正に新旧織りなす文化ゾ−ンとなっている。
画像

最後は煉瓦のア−チ橋が残る昌平橋を渡り、万世橋エキュ−トへ。
神田川に映える赤煉瓦街、最近建てられた近代的なビルも呼応して粋な赤煉瓦風の柱がマッチしている。
万世橋は明治45年神田と御茶ノ水の間に造られた赤レンガの駅。 後に中央線の
始発駅にもなったとか。 JRが再生しエキュ−ト商店街に。
中は商店街で物販、レストランが並び、上のかっての駅ホ−ㇺ後にはカフェが。
カフェの目の前をガラス戸越しに中央線が通る―――。

エキュ−トのそばには東京歴史建物に指定された老舗が風格・風情漂わせながら開店。
アンコウの伊勢源、甘味の竹むら、そばの神田藪、ウナギの神田川などなどどこもそれなりの構えだ。
画像
  写真は伊勢源、入り口の植栽の風情がいかにも−−。

秋葉原駅近くでは昔ながらの電器店、真空管の店など懐かしい部品専門店もあれば、
AKBメンバ-サイン会の行列、メイドカフェの店案内など戦後から平成の今が混在。
思わぬ発見と新旧時代の姿に改めて楽しめた。

打ち上げは近くのカフェ風居酒屋で。 程よい疲れとおいしいカボスハイサワ-と肴で
話も弾み楽しい一日となった。
画像

帰りの神田川に映える夜明かりの万世橋エキュ−トも幻想的で鮮やかだった。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
AKBの聖地となった!! 神田、お茶の水街歩き フランクの感動雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる